このページの先頭です メニューをとばして、このページの本文へ
新潟県ホーム の中の観光・イベントの中の【糸魚川】明星山登山案内(日本有数のロッククライミングのゲレンデ)
本文はここから

【糸魚川】明星山登山案内(日本有数のロッククライミングのゲレンデ)

2013年11月25日
明星山の地図
明星山断面図
明星山断面図

 平成25年11月2日(土曜日)明星山の登山案内です。
 ロッククライミングが有名ですが、今回は登山道の紹介です。

 明星山の登山道は、ひすい峡からの登山道と岡部落からの登山道があります。
 今回はひすい峡からの登山です。

 ※登山道入り口が、わかりにくく約30分ほど管理道路を歩いてしまいましたので、下の絵を参考に登山口を登ってください。

 往路:4時間47分
 駐車場7時39分→(5分)→桟橋7時44分→(3分)→登山口7時47分→(22分)→管理道路散策・登山口8時9分→(17分)→サルの縄張り?8時26分→(14分)→サカサ沢入り口8時40分→(111分)→地滑り跡10時31分→(11分)→水場10時42分→(32分)→明星山・岡集落方面分岐点11時14分→(72分)→山頂12時26分

 復路:3時間21分
 山頂12時50分→(201分)→駐車場16時11分
登山口の画像
登山口の画像

ロッククライマーが登る南壁

 日本有数のロッククライミングのゲレンデで多くのロッククライマーが利用しています。

ロッククライマーが登る南壁

ロッククライマーの写真

 この日は連休の初日ということもあり、朝早くから多くの方がロッククライミングを楽しんでおられました。(私には出来ません!!)

ロッククライマー

駐車場の写真

 7時39分
 ヒスイ峡の駐車場です。
 30台ほど駐車できます。
 この先は、工事用車両も通行いたしますので、路上駐車はやめましょう。

駐車場

桟橋の写真

 駐車場から少し歩くと発電所の管理用桟橋が見えてきます。
 橋を見ないでまっすぐに進むと違う方向に向かってしまいますので、右手方向を見ながら進みましょう。

桟橋

桟橋の写真

 7時44分
 桟橋手前に明星山の案内看板があります。
 桟橋は柵がありますので、左側のかんぬきを抜いてから開けてください。
 ※かんぬきはまた元に戻しておきましょう。

桟橋の状況

発電所施設の写真

 桟橋を渡ると左手方面には、発電所施設があり正面には、墓標があります。
 桟橋を渡って右手方面に進んでください。

発電所施設と墓標

この後の分岐点に注意!!
登山道入り口周辺の写真

 8時9分
 登山道へは標柱から上に向かって登り始めます。

 写真中央のように、管理道路の道が広いため間違いやすくなっていますので、先ほどの絵を参考に登り始めてください。
 ※ここで管理道路を20分ほど散策してしまいました。

 この先急登が続きますので、足慣らし・心臓慣らしのつもりで登りましょう。

登山道入り口周辺のようす

サルの子供の写真

 8時26分
 サルの縄張りを歩きます。
 人を見慣れているのか、あまり警戒していません。
 最近は農作物の猿害被害も増えております。
 むやみにエサを与えますと、人に危害を与えることも考えられますのでおやめください。

サルの子供

林道と案内看板からガレ場に向かいます

 8時40分
 少し歩くと石灰石のガレ場に入っていきます。
 ここからは非常に眺めの良い山道となりますが、足場の悪いとこともありますので、十分注意が必要です。
 下の写真はガレ場の山道です。

ガレ場付近

ガレ場を歩く写真
ガレ場のようす
知らない場所でもロッククライマー写真

 9時11分
 通常は見ることのない場所にもロッククライミングの場所がありました。
 明星山はいろいろな景色が楽しめる登山道であると感動しておりました。
 下の写真は振り返って見た紅葉のようすです。

こんな所にもロッククライミングの場所がある

紅葉の写真
紅葉した明星山山道
地すべりの跡

 10時31分
 台風26号の大雨により地すべりした場所が数カ所ありました。
 この後に分岐点がありますが、分岐点まではマーキングを探し進みました。

 ※迷わないように注意が必要です。

 来年は違う山道となりそうです。

 下の写真は、山道から見た山々です。
 左から新潟県で一番高い山でもある【小蓮華山】
 中央は【白馬岳】
 となりに少しだけ見えます【旭岳】
 右は【雪倉岳】です

地すべり場所を歩く写真

山道から見た小蓮華山・白馬岳・旭岳・雪倉岳の写真
小蓮華山・白馬岳・旭岳・雪倉岳
沢の写真

 10時39分
 一度沢に降りる箇所があります。
 澄み切った沢水は大変冷たく、涼しいので汗ばんだ体に涼をあたえてくれました。
 ※この先にも地すべりした場所があり注意が必要です。また、粘土質な土なので足を取られやすくなっていました。

沢のようす

分岐点の写真

 11時14分
 分岐点に到着いたしました。
 明星山方向と岡集落方面への分かれ道です。
 ここからは急登が続きます。
 ※クサリ場も数カ所ありますので注意が必要です。

分岐点

山道で休憩

 12時2分
 山道で休憩です。
 何度もあの頂が山頂かと思うのですが、まだまだであるという状況に心が折れそうになります。ここまで来たのだから山頂へと言い聞かせ登ります。

 下の写真は先ほどと同様の山の写真ですが、登った分だけきれいに見えます。

山道で休憩

小蓮華山・白馬岳・旭岳・雪倉岳の写真
小蓮華山・白馬岳・旭岳・雪倉岳
岡集落方面とひすい峡と山頂の分岐

 12時25分
 岡集落方面とヒスイ峡と山頂の分岐点があります。
 この後山頂でお会いした長野県からの登山客は、岡集落から来たとのことでしたが、最初は林道を長い間歩き、その後非常に急登であったそうで、帰りはヒスイ峡方面に降りると言われていました。

 石にスプレーでヒスイ・topと書いてあります。

岡集落方面とひすい峡と山頂の分岐

山頂の写真

 12時27分
 山頂に到着です。

 非常に長い時間かかってしまいましたが、いろいろと景色が変わる登山であり、変化に富んでいるので楽しんで登れる山でありました。

 下の写真は山頂から見た風景です。
 360度の見通しはありませんが、糸魚川市内や焼山・雨飾山方面を見ることが出来ます。

 山頂の岩の上に上がると見通しが良いそうです。

 帰りの時間は、3時間21分でした。

 小滝地区ジオサイトは高波の池・フィッシングパーク・ヒスイ峡・明星山などたくさんのジオサイトとなっております。

 見所が多いのでぜひおいでください。

 登山者:惣角 功・伊藤 みゆき・本間 暁・伊藤 一彦

山頂のようす

山頂から見た糸魚川市街の写真
山頂から見た糸魚川市街
山頂から見た焼山・雨飾山方面の写真
山頂から見た焼山・雨飾山方面