このページの先頭です メニューをとばして、このページの本文へ
新潟県ホーム の中の自然・環境の中の【糸魚川】ツキノワグマに気をつけましょう!
本文はここから

【糸魚川】ツキノワグマに気をつけましょう!

2019年05月08日

県内で人身被害が発生しています!

平成31年4月28日(日)10時頃に妙高市関山地内、令和元年5月3日(金)14時頃に阿賀町七名地内でクマに襲われ、負傷する被害が発生しました。

※今年も糸魚川市内でクマの目撃や足跡などの痕跡に関する情報が寄せられており、注意が必要です。出没情報を新聞やホームページなどにより確認して、クマの被害に遭わないようにしましょう。

クマには音で自分の存在を知らせましょう!

糸魚川地域版注意喚起チラシ(表)

クマに襲われないために、山林や畑に行く際は、必ず鈴やラジオなど音が鳴るものを身につけ、クマに出あわない対策をとりましょう!特に山間地周辺にお住まいの方は、気をつけましょう! 

【クマを目撃した場合は、糸魚川市役所及び糸魚川警察署へご連絡ください】
糸魚川市役所
 環境生活課 電話 025-552-1511
 能生事務所 電話 025-566-3111
 青海事務所 電話 025-562-2260
糸魚川警察署
 生活安全課 電話 025-552-0110

糸魚川地域版注意喚起チラシ(表)

糸魚川地域版注意喚起チラシ「クマには音を!」(表面)(PDF形式  393 キロバイト)
糸魚川地域版注意喚起チラシ「クマには音を!」(裏面)(PDF形式  278 キロバイト)
▼ クマによる人身被害を防止するため、下記の点にもご注意ください!

1 クマを人里へ呼び寄せないために

(1) 生ゴミや廃棄果実の適切な処理
 クマは匂いに敏感です。クマの餌となる生ゴミや廃棄果実は放置せず、土に埋めるなど適切に処理してください。また、お墓の供え物などは、持ち帰るようにしましょう。
(2) 果実等の早期収穫
 クマの好物である柿や栗は早めに収穫し、食べる予定のない場合は、早期に処分しましょう。
(3) 藪などの定期的な下草刈り
 クマは明るく身を隠せない場所を嫌います。クマが隠れそうな藪などは、下草を定期的に刈りましょう。

2 クマに出あわないために

(1) 出没情報に注意
 最新の出没情報を入手し、危険な場所には近づかないようにしましょう。
(2) クマのサインに注意
 クマの爪あとや糞を見つけたら、近くにクマがいる可能性があります。クマが近くにいることを想定して行動し、場合によっては引き返してください。
(3) 頻繁に物音や声を出す
 クマは、視力はあまりよくないですが、聴覚は人間よりずっと優れています。クマよけ鈴、ラジオ、笛などで音を出すか、大きな声で話しながら歩き、クマに人の存在を知らせましょう。
(4) 早朝や夕方は特に注意
 早朝や夕方は、特にクマの活動が活発です。早朝や夕方に外出する際は十分に注意し、単独行動は避けましょう。
(5) 車庫や小屋の戸締り
 夜間は車庫や小屋の戸を閉め、鍵をかけてください。

3 クマに出あってしまったら

(1) 落ち着くことが大切
 クマを刺激しないように、あわてず・騒がず・走らず、クマに背中を見せないように静かに立ち去ります。クマは逃げるものを追いかける習性があるので、走って逃げるのは禁物です。
(2) 逃げ切れない場合は
 クマの攻撃が避けられない場合は、腹、首、頭を守ることが大切です。地面に伏せ、両手で首の後ろをガードして写真のように頭と首を守ってください。
※この姿勢は、研究や経験からさしあたり有効であると言われているものです。何よりもまず、クマと出あわない対策をとることが最も重要なことです。
正しい姿勢

 

    糸魚川地域振興局 健康福祉部


    PDFファイルをご覧になるにあたって
    PDFファイルをご覧いただくためには、Adobe Readerのプラグイン(無償)が必要となります。お持ちでない場合は、お使いのパソコンの機種/スペックに合わせたプラグインをダウンロード、インストールしてください。 Get Adobe Reader Adobe Readerをダウンロードする