このページの先頭です メニューをとばして、このページの本文へ
新潟県ホーム の中の新潟県医師養成修学資金貸与制度について
本文はここから

新潟県医師養成修学資金貸与制度について


 新潟県医師養成修学資金貸与制度は、将来、新潟県内の地域医療を担おうとする気概と情熱に富んだ医学生に対し、新潟県が貸与資金を拠出し、(公財)新潟医学振興会が貸与するものです。

<平成28年度の修学資金制度>

重点コース(県外医学生枠)修学資金の追加募集をしています【今年度の募集は終了しました】

○ 本県出身者(本県とゆかりのある方を含みます)で、県外大学の医学部に入学された方、在学している方を対象として貸与するものです。

○ 卒業後、一定期間、県内の指定医療機関に勤務した場合、修学資金の返還が免除されます。

○ 平成28年度の「重点コース(県外医学生枠)」について、募集定員に達していないため、追加募集を行います。

<募集内容>
◆ 月額貸与額:国公立大学:15万円
◆ 募集人数:国公立大学2名
◆ 募集期間:平成28年6月17日(金)~7月15日(金)

<返還免除要件>
◆ 医師免許取得後、直ちに新潟県内の臨床研修病院で卒後臨床研修に従事すること。
◆ 臨床研修修了後、県内の指定医療機関に貸与期間の1.5倍の期間勤務すること。
  (当該期間が4年未満の場合、4年となります。)

※ 他の自治体等から就業義務の伴う奨学金等の給付を受けている、または受ける予定の方は、応募することはできません。 
※ 生計を一にする家族、又はこれに代わって家計を支えている方の年収の合計が1,500万円未満の方に限ります。

「一般コース」修学資金 【今年度の募集は終了しました】

○ 新潟大学医学部医学科に入学する新入生もしくは在学生(出身地は問いません)、本県出身者(本県とゆかりのある方を含みます)で県外大学の医学部に入学する新入生もしくは在学生を対象として修学資金を貸与します。
  ※ 重点コース(県外医学生枠)との併願が可能です。
○ 卒業後、一定期間、県内の指定医療機関に勤務した場合、修学資金の返還が免除されます。

<募集内容>
◆ 月額貸与額:5万円
◆ 募集人数:40名程度
◆ 募集期間:平成28年3月25日(金)~4月22日(金)

<返還免除要件>
◆ 医師免許取得後、直ちに新潟県内の臨床研修病院で卒後臨床研修に従事すること。
◆ 臨床研修修了後、へき地医療、救急医療、周産期医療、小児医療、その他知事が特に必要と認める医療のいずれかを実施している県内の医療機関(診療所及び新潟市内の病院を除く)で貸与期間の1.0倍の期間勤務すること。
  ※ 県が医療機関を指定することはありません。
  ※ 新潟市内の病院を除く県内全病院のうち、療養型以外のほとんどの病院が対象になります。 

重点コース(新潟大学医学部「地域枠B」入学生枠」修学資金

 新潟大学医学部医学科の推薦入試「地域枠B」(入学定員12名)に合格し、入学される医学生全員に修学資金を貸与します。


重点コース(順天堂大学医学部「新潟県地域枠入学試験」入学生枠)」修学資金

 順天堂大学医学部「新潟県地域枠入学試験」(入学定員2名)に合格し、入学される医学生全員に修学資金を貸与します。

貸付規則等

新潟医学振興会の情報ページです。新潟医学振興会は新潟大学医学部内にあります。
医師確保トップページへリンク
医学生の皆さまへ
良医育成新潟県コンソーシアムのページへリンク
臨床研修病院へのリンク
ニュースレターへのリンク
医師の皆さまへ
新潟県ドクターバンクへのリンク
ドクターバンク・ショートサポートバンクのページへリンク
新潟レジデントフォーラムへのリンク
病院見学案内のページへリンク
女性医師・女子医学生の皆さまへ
女性医師ネットのページへリンク
高校生の皆さんへ
先輩が教える医学生・医師への道

医療情報提供バンクのページへリンク
関係機関リンクのページへリンク