このページの先頭です メニューをとばして、このページの本文へ
新潟県ホーム の中の健康・医療・衛生の中の研修Life 閑話休題:下越病院 山田 政彦 先生
本文はここから

研修Life 閑話休題:下越病院 山田 政彦 先生

2016年01月25日
山田 政彦 先生 下越病院 研修医 2年目

気が付けば研修生活も残り数ヵ月。右も左も分からず働き始めた日々が懐かしいです。

研修医として働き始めて色々と大変なこともありましたが、自分を癒してくれるのは、いつも家族でした。
2015年5月に長男が誕生してから、自分の私生活は全てその子が中心。こんな事を言ったら妻に失礼かもしれませんが、
子育てって本当に大変だなと思います。
おそらく、比率で言ったら妻が9で自分が1くらいなのでしょうけど…。彼は、自分では何もできない(というか泣くことしかできない)ので、何を考えているか全くわからず。
言葉で言ってくれたらどんなに楽なんだろう、と思います。しかし、時々ニコッと笑ってくれるだけで今までの疲れが吹き飛ぶから不思議なものです。

5年後には、キャッチボールしながら色々な話ができたらいいなと思いつつ、今日もオムツを換えています。


(所属等は執筆時現在です。)
新潟県の医学生、医師の皆様への中の研修Life閑話休題の中の下越病院 山田 政彦 先生
新潟レジデントフォーラム:研修Life 閑話休題