このページの先頭です メニューをとばして、このページの本文へ
新潟県ホーム の中の健康・医療・衛生の中の看護職員の届出制度について
本文はここから

看護職員の届出制度について

2017年04月01日

看護職員(保健師・助産師・看護師・准看護師)の届出制度が始まりました

 平成27年10月1日から、看護職員(保健師・助産師・看護師・准看護師)の免許をお持ちで、お仕事をされていない方は、「看護師等の人材確保の促進に関する法律」に基づき、都道府県の「ナースセンター」へ届け出ることが努力義務になりました。

届出制度とは

ナースセンターが離職中の看護職員のみなさまとつながりを持ち、ライフサイクルを通じて適切なタイミングで復職のための研修や就職あっせん等のサービスを提供することで、再び看護職員としてご活躍いただけるようサポートすることを目的とした仕組みです。

届出の対象者(※再就業の意思の有無は問いません)

・病院等を離職した場合
・保健師、助産師、看護師、准看護師の業務に従事しなくなった場合
・免許取得後、直ちに就業しない場合
・平成27年10月1日において、現に業務に従事していない看護職員

届出の内容

1 氏名、生年月日、住所
2 電話番号、メールアドレスその他連絡先に係る情報
3 看護師等の籍の登録番号及び登録年月日
4 就業に関する状況

届出の方法

1 ご本人が届け出る場合
 <インターネットまたはスマートフォンからの届出>
 看護職員の届出サイト「とどけるん」から届け出てください。
 (下のロゴをクリックすると、「とどけるん」のページが表示されます)
看護職員の届出サイト「とどけるん」へリンク
<書面による届出>
 届出用紙は、看護職員の届出サイト「とどけるん」からダウンロードまたは、新潟県ナースセンターから取り寄せてください。
2 就業先が代行届出を行う場合
 e-ナースセンター(日本看護協会が運営する無料の求職・求人サイト)の求人施設ポータルからCSVデータに取りまとめて届け出てください。

届出後の支援

新潟県ナースセンターでは、届け出られた方のニーズに合わせて、講習会やガイダンス、就職相談会等の企画実施や求人情報の提供等を行います。
また、県内各地に出向き、個別の相談にも応じます。

届出制度に関する問合せ先

新潟県ナースセンター
 電話:025-233-6011
 住所:新潟市中央区川岸町2-11(新潟県看護協会内)

参考資料

厚生労働省通知 「看護師等の人材確保に関する事項の施行について」(PDF形式  125 キロバイト)
届出制度に関するチラシ(A4・両面)(PDF形式  1019 キロバイト)

リンク