このページの先頭です メニューをとばして、このページの本文へ
新潟県ホーム の中の健康・医療・衛生の中の新潟レジデントフォーラム:Niigata 研修なう!(平成26年11月25日~平成26年11月26日)
本文はここから

新潟レジデントフォーラム:Niigata 研修なう!(平成26年11月25日~平成26年11月26日)

2014年11月28日
前のページの中のNiigata研修なう!
(平成26年11月26日)

田村 秀(たむら すぐる)先生 新潟大学医歯学総合病院 研修医1年目

 大学での研修もいつの間にか半年以上が過ぎ、ローテーションも3つ目となりました。
 現在は呼吸器・感染症/腎・膠原病内科で研修させて頂いています。

 将来的な道がどのようであっても内科的な全身管理は全ての基本であり、その難しさに悪戦苦闘しています。
 1わかると、その数倍わからないことが生まれるような状態ですが、一つ一つ真摯に取り組んでいけたらと思っています。

 先生方、スタッフの方々への感謝を大切に、目の前の患者さんに対して自分が出来ることをしっかりと考えることのできる研修にしたいと考えています。

(平成26年11月25日)

榎本 貴士(えのもと たかし)先生 立川綜合病院 研修医2年目

 現在、長岡赤十字病院で小児外科の研修をしています。学生のころにお世話になった赤い教科書が今でも活躍しています。
 所属は立川綜合病院ですが、同じ長岡市にある長岡中央病院、長岡赤十字病院でも研修することができます。

 そろそろ忘年会シーズンが近づいてきました。研修医の仕事といば... そう、芸ですね。
 これから準備にかかりたいと思います。
 
 写真は循環器内科の先生の送別会での一枚です。

筆者:左から2番目

(平成26年11月25日)

須澤 俊(すざわ しゅん)先生 糸魚川総合病院 研修医1年目

 今月から総合診療内科で研修させていただいています。
 主に内科外来での初診や救急外来を行っています。

 その中で入院が必要である患者さんは、基本的にそのまま受け持ちとして総合診療内科に入院し、精査や治療、退院後の外来フォローまで担当します。
 外来診療では問診と身体所見の重要さと難しさを感じる毎日ですが、実際の診療中はもちろんのこと、その後の振り返りカンファでも全症例じっくりと鑑別診断を挙げながら考察し、指導していただけるので本当に1例1例が自分の力になっていると実感します。

 そんな真面目な私ですが、たまには病院の様々な職種の方々と一緒に飲みに行かせてもらってます。とてもアットホームな雰囲気で、たくさんの方々から温かい「かわいがり」を受け、充実した研修を送っています。

筆者:一番奥ではしゃいじゃってるやつ

(日付は掲載日、所属等は執筆時現在です。)
前のページの中のNiigata研修なう!