このページの先頭です メニューをとばして、このページの本文へ
新潟県ホーム の中の健康・医療・衛生の中の新潟レジデントフォーラム:Niigata 研修なう!(平成26年6月23日~平成26年7月25日)
本文はここから

新潟レジデントフォーラム:Niigata 研修なう!(平成26年6月23日~平成26年7月25日)

2014年07月30日
前のページの中のNiigata研修なう!
(平成26年6月23日)

山口 航平(やまぐち こうへい)先生 立川綜合病院 研修医1年目

4月からの3ヶ月間、循環器内科で研修しています。
立川綜合病院では救急外来に循環器系疾患の方が多くいらっしゃるので、循環器内科の研修が救急の研修も兼ねています。病棟で心不全の患者さんを診ることもあれば、カテ室で心カテをすることも、そして救外で患者さんを診ることもあります。
採血やライン取りはもちろん、エコー、CV、そしてCAGやペースメーカー植え込みなど、たくさんの手技を経験させてもらっています。
循環器内科には若手のドクターが多いので、病棟で困ったときはすぐに相談できるのも魅力です。もちろん、上級医の先生方からは病棟、カテ室、検討会などで手厚い指導をしていただいています。

筆者:右

(平成26年7月22日)

牧野 麻美(まきの あさみ)先生 済生会新潟第二病院 研修医1年目

現在、呼吸器内科と腎・膠原病内科で研修をさせていただいています。入院患者さんの診療はもちろんのこと、胸腔ドレナージや気管支鏡、PTA、シャントオペなどの様々な手技も勉強させていただいています。先生方は優しく丁寧に教えて下さり、充実した研修生活を送ることができています。

筆者:左

(平成26年7月25日)

塩井 生馬(しおい いくま)先生 県立新発田病院 研修医1年目

皆さんこんにちは!県立新発田病院研修医一年目の塩井と申します。
今は消化器内科ローテーションの真っ只中。朝早くに担当患者さんに会いに行き、日中は検査、アンギオでTACEをしたりします。遅くまでかかるときもありますが日々新しい発見があります。まだまだひよっこですが日々努力してる次第です!

筆者:前列左から3番目

(平成26年7月25日)

橋本 亮子(はしもと りょうこ)先生 長岡赤十字病院 研修医1年目

現在呼吸器内科にて研修中です。写真は先日行われたビールパーティーの模様です。
研修医生活も4か月が過ぎようとしており、最初は静脈ライン1つでもドギマギしていましたが、同期とお互い腕を提供しあったり(私の腕はハードモードと不評です)するうちに徐々に自信を持って挑めるようになりました。
呼吸器内科も3週目となり、気管支鏡を握ったり、化学療法の患者さんのラインを取ったり、血ガスを取ったりといった手技もだんだん慣れてきています。
まだまだわからないことだらけですが、熱心な先生方のご指導のもと、忙しくも充実した研修生活を送っています。

筆者:右

(日付は掲載日、所属等は執筆時現在です。)
前のページの中のNiigata研修なう!