このページの先頭です メニューをとばして、このページの本文へ
新潟県ホーム の中の健康・医療・衛生の中の新潟レジデントフォーラム:Niigata 研修なう!(平成25年11月8日~平成26年2月10日)
本文はここから

新潟レジデントフォーラム:Niigata 研修なう!(平成25年11月8日~平成26年2月10日)

2014年02月10日
前のページの中のNiigata研修なう!
(平成26年2月10日)

中山 純平(なかやま じゅんぺい)先生 新潟市民病院 研修医1年目

今、内分泌・代謝内科と循環器内科の二科併行でまわっています。
内分泌・代謝内科ではDM教育入院を受け持ち目標を設定し、2週間の短い期間でどんな指導、どんな治療をするか?を考えて実行します。
循環器内科ではカテーテルによる診断、治療がメインで急性期の疾患が多いため忙しいです。そのため、食生活も不規則になり自分の血糖値が気になります・・・。

筆者:後列左から2番目

(平成26年1月14日)

酒泉 裕(さかいずみ ゆたか)先生 下越病院 研修医1年目

下越病院で内科9か月目、循環器3か月目です。HCUなどの重症患者さんもいて1週間が濃密です。容態も変わりやすいのでカルテを開いたり電話がかかってくるたびにドキドキしてます。並行して救急対応もしていますが、最近ようやく一人で大体判断できるようになってきて成長を実感しています。あらゆる患者さんの全身管理ができるようになるのが目標です。

(平成25年12月17日)

富井 光一(とみい こういち)先生 新潟大学医歯学総合病院 研修医1年目

10月から協力型病院として県立がんセンター新潟病院で研修しています。今は内科をまわっています。抗癌剤のルート確保は血管が細くなっていて難しい患者さんもいます。写真は気管支鏡をしているところです。内科検討会では毎週症例発表をさせていただいており、興味深い症例があれば学会発表の機会もいただいています。がん患者さんの精神面への配慮やムンテラ、末期がん患者さんのQOLを重視した治療、急変時の対応など、様々勉強させていただいています。知識も経験も豊富で、優しく尊敬できる指導医の先生方はどんな疑問にも答えてくださいます。

(平成25年11月8日)

遠藤 由香(えんどう ゆか)先生 長岡赤十字病院 研修医1年目

私はいま、救急・麻酔科をまわっています。長岡地区の救急は、日赤・長岡中央・立川の3病院の輪番制なので、週2回(10~12月は火金)は救急部、その他の平日は麻酔科となります。今までは内科をまわっており、毎日毎日受け持ちの患者さんが変わることはとても新鮮です。あと、サマリーが増えないこととか・・・笑。自分の将来を見据えつつ、頑張っていきたいと思います\(^o^)/

筆者:右から2番目

(日付は掲載日、所属等は執筆時現在です。)
前のページの中のNiigata研修なう!