このページの先頭です メニューをとばして、このページの本文へ
新潟県ホーム の中の健康・医療・衛生の中の新潟レジデントフォーラム:Niigata 研修なう!(平成24年11月28日~平成24年11月30日)
本文はここから

新潟レジデントフォーラム:Niigata 研修なう!(平成24年11月28日~平成24年11月30日)

2012年11月28日
前のページの中のNiigata研修なう!の中の次のページ
(平成24年11月30日)

吉田 欣也(よしだ きんや)先生 新潟大学医歯学総合病院 研修医2年目

新潟大学病院→新潟県立十日町病院→新潟県立柿崎病院と研修し大学病院に戻ってきました。現在は小児科内分泌・感染症班で研修中です。外来治療番で採血が成功するたびに (;^_^Aアセアセ・・・。

(平成24年11月30日)

森岡 春江(もりおか はるえ)先生 長岡赤十字病院 研修医2年目

当院では毎月第2、第4月曜日夕方に、研修医に必要なプライマリケアセミナーを実施しています。各分野の先生方に、研修医が聞きたいこと、研修医にこれは知っておいて欲しいことなどを講義して頂くものです。私は4月から担当の1人として活動してきました(写真は司会をしている様子です)。残すところ数回となりましたが、研修医だけでなく、上級医の先生方も是非聞きたいと思うような内容を考え、ご協力頂きながらすすめて行きたいと思っています。

(平成24年11月30日)

上田 遥香(うえだ はるか)先生 新潟大学医歯学総合病院 研修医1年目

先月より、大学の研修プログラムで協力型病院として上越総合病院での研修をスタートしました。上越病院では、初めに小児科研修をしました。慣れないこどもの予防接種や点滴刺しと格闘しながら・・・研修開始1週間で今流行りのマイコプラズマをうつされました・・・市中病院ではこの時期、風邪ひきさんがうようよしているようです(泣)。
また、大学病院では研修できなかった全科当直も新鮮です。
写真(筆者;写真右端)は、全く関係なく、大学で研修していた時のものですが、大学病院のホームページがリニューアルされた際にサクラとして研修医もたくさん写真を撮っていただきました(^ω^)大学でも今の病院でも、たくさんの同期や先輩研修医に囲まれ、毎日楽しく研修させてもらっています!

筆者:右端

(平成24年11月30日)

田村 愛(たむら あい)先生 新潟大学医歯学総合病院 研修医2年目

新潟大学初期臨床研修医2年目の田村愛と申します。私は基幹型病院として今年の1月から新潟県立中央病院でお世話になっています。現在呼吸器内科で研修中ですが、特定の指導医の先生はおらず、バランスのとれた研修がとれるように症例を割り振っていただいています。担当患者さんでなくとも手技があれば声をかけていただき、先生方のサポートの元経験を積ませていただいています。週1回の当直でも大学での救急研修では経験したことのなかった症例が多く、市中病院での研修する良さを感じることができた11ヶ月でした。

写真は研修医仲間との飲み会の写真です。12月からは地域研修ですが、これまで学んだことを活かせるよう努力したいと思います。

筆者:前列右2番目

(平成24年11月28日)

石井 孝規(いしい たかのり)先生 新潟市民病院 研修医2年目

新潟市民病院 研修医2年目の石井孝規です。
研修もあと数ヶ月というところまできて、選択科を残すのみとなりました。
今は新生児科(NICU)を研修していて、触れたら壊れてしまうんじゃないかとビクビクしながら、日々小さな命と向き合っています。県内でこの規模の施設はなかなかないので貴重ないい経験をさせてもらっています。写真はインフルエンザの予防接種を研修医同士で打ち合っているところです。皆さんもこれから風邪やインフルエンザに気をつけましょうね。

筆者:左側

(日付は掲載日、所属等は執筆時現在です。)
前のページの中のNiigata研修なう!の中の次のページ