このページの先頭です メニューをとばして、このページの本文へ
新潟県ホーム の中の健康・医療・衛生の中の新潟レジデントフォーラム:Niigata 研修なう!(平成24年9月21日)
本文はここから

新潟レジデントフォーラム:Niigata 研修なう!(平成24年9月21日)

2012年09月21日
Niigata研修なう!の中の次のページ
(平成24年9月21日)

阿彦 友佳(あひこ ゆか)先生 厚生連長岡中央綜合病院 研修医1年目

私は今、呼吸器内科での研修を終えたところです。初日に上級医に言われた言葉は「呼吸器内科研修の目標は1日1回患者さんを笑わせること」。これが難しい…。肺炎、喘息、肺癌など様々な疾患を抱えた患者さんを相手に、毎日悩みました。結果的に、1日1回は不可能でしたが、患者さんの性格や悩みを汲み取る努力をすることで、たくさんの笑顔に出逢うことが出来ました。
また、研修中に気管支鏡検査、CV、胸腔ドレーン挿入、胸水穿刺などたくさんの手技をトレーニングします。初めは上級医による手取り足取りの丁寧な指導があり、慣れたら一人でできるようになるのが目標です。場数を踏んで上達することの楽しさを覚え…ハマりました。あっという間の2ヶ月間でしたが、とても楽しく研修することが出来ました。

CV挿入の様子

(平成24年9月21日)

飯田 倫理(いいだ ともみち)先生 新潟市民病院 研修医1年目

糸結び練習なう。
新潟市民病院研修医1年目の飯田と申します。
脳外科を研修して1ヶ月がたちました。
外科系と言えば何と言っても手術。
その中でも研修医の重要な仕事は縫合でしょうか。
ではその縫合スキルはどれほど?
昨日のオペでのオーベンの評価は

「3点だな」

\(^o^)/
めげずに今日も縫合練習です。

(平成24年9月21日)

岩田 真弥(いわた まさや)先生 下越病院 研修医2年目

新潟市のはずれにある下越病院、2年目研修医の岩田真弥です。
当院では研修中は、研修科に関わらず、研修医の症例検討会、研修医の勉強会、胸部X線読影、心電図の読影を行っています。胸部X線は当院で撮影されたものすべて、心電図は健診のものをすべて、読んでいます。(かなり大変!)。そして上級医の先生にフィードバックを頂きます。写真は1年目の小林先生と一緒に心電図を読んでいるものです。研修医は1,2年目合わせて現在4人。少なめですが楽しく研修しています!

筆者:左側

(平成24年9月21日)

久保田 直樹(くぼた なおき)先生 新潟県立中央病院 研修医1年目

私は今神経内科を研修中です。皆さんご存じかと思いますが神経内科の診察は神経学的所見を細かく取ったり等、複雑で途方に暮れてしまいがちなものです。しかし当院では、上級医の先生が常にマンマークでご指導いただけるのでとてもありがたいです。
そういえば今日初ルンバールやりました。が、入らなかったです(涙)。研修中にたくさん経験でき上達できたらと思います。
それではお疲れ様です。

(平成24年9月21日)

捧 陽介(ささげ ようすけ)先生 厚生連長岡中央綜合病院 研修医2年目

長岡中央綜合病院臨床研修医二年目の捧陽介です。
ただ今地域枠で9月3日から佐渡綜合病院の整形外科で研修を行ってます。
佐渡という土地柄、整形外科の需要は高く、まだ日は浅いですが充実した実習を行っています。
…とまあ仕事の話はこれくらいにして。佐渡に来てみて受けた印象は
(1)海がきれい (2)ご飯、お酒がうまい (3)気さくな人が多い って(ベタですが)感じました。
休みの日になると海岸線を走ったり、行きつけの居酒屋で飲んだりと楽しく過ごしています。
時間があったら今度は釣りとかダイビングでもしてみたいなぁ…
こんな感じで公私共に有意義な研修を送っています。
(ちなみにこの写真は、たまたま佐渡旅行に来ていた友人、後輩と佐渡でばったり会って飲んだ時の写真です。)

筆者:左から2番目

(日付は掲載日、所属等は執筆時現在です。)
Niigata研修なう!の中の次のページ