このページの先頭です メニューをとばして、このページの本文へ
新潟県ホーム の中のスポーツ・公園の中のスポーツ振興くじ助成金を活用した施設整備について
本文はここから

スポーツ振興くじ助成金を活用した施設整備について

2017年03月29日

スポーツ振興くじ助成とは

 「スポーツ振興くじ(totoやBIG)」は、世界の第一線で活躍するアスリートの育成や、地域において、子どもからお年寄りまで、だれもが、いつでも、身近にスポーツを楽しめる環境の整備など、スポーツ振興施策を実施するための財源確保の手段として、スポーツ振興投票の実施等に関する法律(平成10年法律第63号)に基づき、実施されています。

 独立行政法人日本スポーツ振興センター(JSC)では、その収益を財源として、地方公共団体やスポーツ団体が行うスポーツ活動等に対して「スポーツ振興くじ助成」を実施することで、我が国の豊かなスポーツ環境の整備を推進しています。

県立スポーツ施設整備における活用事例

 新潟県では、平成28~29年度の2か年にわたって、スポーツ振興くじ助成金を活用し、県立のスキージャンプ台「妙高高原赤倉シャンツェ」の修繕工事を行っています。
 なお、このジャンプ台では、平成30年2月に開催される第73回国民体育大会冬季大会スキー競技会「にいがた妙高はね馬国体」において、ジャンプ競技が行われます。
          
          助成区分 : 大規模スポーツ施設整備助成
          事業細目 : 国民体育大会冬季大会競技会場整備
            事業名 : 妙高高原赤倉シャンツェ修繕
年 度 事業費 助成金交付決定額 修繕内容
平成28年度 91,021,320円 60,751,000円  スコアボード建屋、連絡通路、スタートゲート階段、散水設備、建屋塗装、
 ブレーキングトラック人工芝張替、スノーモービル購入 他
平成29年度 26,208,000円
(予定)
16,088,000円 (予定)
 リフト修繕(オーバーホール)、インラン整備機格納庫、ジャッジタワー手摺、
 衝突防止板差込金具

妙高高原赤倉シャンツェ

大会開催の様子

修繕工事の様子(スコアボード)

修繕工事の様子(スタートゲート階段)

スノーモービル購入

スポーツくじロゴマーク表示

「にいがた妙高はね馬国体」公式ホームページ