このページの先頭です メニューをとばして、このページの本文へ
新潟県ホーム の中の健康・医療・衛生の中の【保環研】インフルエンザによる学級閉鎖グラフ・マップ
本文はここから

【保環研】インフルエンザによる学級閉鎖グラフ・マップ

2010年05月17日
新潟県内のインフルエンザによる学級閉鎖等(学級閉鎖、学年閉鎖及び休校)の状況をグラフとマップで示しています。
(元データ提供:新潟県教育庁保健体育課)

学級閉鎖グラフ

学級閉鎖グラフ
学級閉鎖グラフ
【時系列の傾向】
・9月上旬は、新潟市及び周辺市町村で中学校での閉鎖が目立っていました。
・9月後半は、一旦沈静化しましたが、9月末から増加に転じました。
・中学校の閉鎖数ピークは、10月30日(金)(第44週)、386学級でした。
・小中計の閉鎖数ピークは、10月30日(金)(第44週)、904学級でした。
・小学校の閉鎖数ピークは、11月06日(金)(第45週)、615学級でした。
・公立高校の閉鎖数ピークは、11月06日(金)(第45週)、112学級でした。
・小学校は、11月27日(金)(第48週)にも匹敵するピークがあり、610学級が閉鎖されました。
・年末年始にかけて沈静化し、再び増加しましたが、大きな流行(閉鎖)には至りませんでした。

【小中学校の比較】
・中学校の流行が早く訪れ、早く終息するのに対し、小学校はやや流行が遅く、終息も遅い傾向が見られました。

【曜日の傾向】
・概ね、土日の減少後に金曜日にかけて増加します。

インフルエンザの定点当たり報告数との比較

・定点あたり報告数のピークは、第46週(11/9~11/15)であり、学級閉鎖(小中学校)のピークより遅くなっていました。
・小中学生の流行は、全年齢の中では、早かったと考えられます。
・学級閉鎖等の状況を積極的に公表する取り組みは、注意喚起の意味から有効です。

学級閉鎖状況マップ

・小学校及び中学校の学級閉鎖等の状況を地図上に示しています。
2009年10月30日の状況(マップ)
2009年10月30日の状況

2009.9.1~2010.3.19のマップ

・PDFで提供しています。
◆2009.9.1~2010.3.19金曜日抜粋版(PDF形式  497 キロバイト)
◆2009.9.1~2010.3.19毎日版(PDF形式  3005 キロバイト)

関係ページへのリンク