このページの先頭です メニューをとばして、このページの本文へ
新潟県ホーム の中のようこそ知事室へ
本文はここから

ようこそ知事室へ


新潟県知事写真

 新潟県知事の米山隆一です。
 平成28年10月、県民の皆様の御信託を得て、知事に就任いたしました。
 
 私は、政治の目的は、一人一人の幸福を可能な限り増やし、一人一人の不幸を可能な限り減らしていくことであると考えております。今までの政治の中で、ややもすると取り残されてきた一人一人の想いを丁寧に受け止めて、幸福の源である命と暮らしが守られると同時に、新潟県の、現在とそして未来への責任を果たす県政を実現したいと思います。

 私達は、先人たちから受け継いだこの美しい県土と、人と人との暖かい絆を保ち、未来に引き継いでいく責任があります。私は、新潟県知事として、現在の新潟県の諸課題に真摯に対応しつつ、将来の発展に向けた方向性を示し、県内の多くの力を結集して新潟県の新たな未来を切り開き、次世代の子供たちに引き継いでいきたいと思います。

新潟県知事 米山 隆一

トピックス

「森林整備と財源のあり方検討委員会」の検討結果について報告を受けました(平成30年3月30日)

 森林の公益的機能の維持・保全を図るために必要な森林整備と財源のあり方に関し、7名の有識者などからなる委員会での検討結果について、会長から報告を受けました。
 報告を受けた米山知事は、「森林機能の重要性などについて十分に県民の皆様に周知し、ご理解を得ながら今後の取組を進めたい」と答えました。

森林整備と財源のあり方検討結果報告(知事室)

包括外部監査の結果報告を受けました(平成30年3月30日)

 包括外部監査人の植草寛公認会計士から、公立大学法人新潟県立大学及び公立大学法人新潟県立看護大学に関する事務の執行・管理をテーマにした平成29年度包括外部監査の報告を受けました。
 米山知事は、「監査結果を真摯に受け止め、法人に適切な対応を要請したい。県としても積極的に支援し、より良い大学運営につなげていきたい」と話しました。

包括外部監査結果報告(知事室)

退職者辞令交付式で退職者に辞令を交付しました(平成30年3月30日)

 3月31日付けで退職する職員141名に辞令を交付しました。
 米山知事は退職者一人ひとりに「お疲れ様でした」と声を掛けながら辞令書を手渡し、退職者の労をねぎらいました。

退職者辞令交付式(西回廊講堂)

中国(北京・上海)を訪問しました(平成30年3月27日~29日)

 福島第一原発事故に由来する食品輸入規制の緩和に向けて、北京で中国当局へ働き掛けるとともに、上海にてクルーズ船社や航空会社を訪問し、航路、航空路の活性化に向けて、意見交換、要請を行うために中国を訪問しました。
 知事就任後、中国は2度目、北京・上海は初めての訪問でしたが、関係者と率直な意見交換を行い相互理解を深めるとともに、信頼関係を築く第一歩とすることができ、意義のある訪問となりました。

中国人民対外友好協会会長との面談(中国・北京)

県の草花雪割草10周年記念祝賀会に出席しました(平成30年3月24日)

 雪割草が「県の草花」に指定されて10周年を迎えることを記念して、新潟県雪割草連合会が主催した祝賀会に出席しました。
 米山知事は、「雪割草のほか、チューリップ、雪椿、朱鷺、錦鯉の5つのシンボルで新潟県の魅力や情報を県内外に向けて積極的に発信していきたい」と挨拶しました。

雪割草10周年記念祝賀会(長岡市内)

新潟開港「150」周年へ向けたカウントダウンフォーラムに出席しました。(平成30年3月24日)

 新潟開港150周年の平成31年まであとわずかになる中、新潟港や新潟のにぎわいづくり、開港200周年へ向けたアプローチを考えるフォーラムに参加しました。
 米山知事は、「新潟西港において、人が行き来できる空間を作っていきたい」と話しました。

カウントダウンフォーラム(新潟市内)

十日町市観光協会長と十日町きもの女王の表敬訪問を受けました(平成30年3月23日)

 「十日町きもの月間」と、その中核的な取組で全国初のきもの工場見学イベント「~職人探訪~十日町きものGOTTAKU」の開催について、十日町市観光協会長と十日町きもの女王の表敬訪問を受けました。
 米山知事は、「県もPRに努めさせて頂きます」と話しました。

きもの女王表敬訪問(知事室)

スジャン・チノイ駐日インド特命全権大使の表敬訪問を受けました(平成30年3月23日)

 「インド投資セミナー in 新潟」開催のために来県した、スジャン・チノイ駐日インド特命全権大使の表敬訪問を受けました。
 米山知事は、「多くの県内企業が安定した経済成長を続けるインドに注目している。今後もインドと様々な分野での交流を進めたい」と話しました。

インド特命全権大使表敬訪問(特別応接室)

新潟県防災会議を開催しました(平成30年3月22日)

 本県の防災施策を議論する「新潟県防災会議」を会長として開催し、防災関係機関の皆様や有識者の方々と「新潟県地域防災計画」について議論を行いました。
 米山知事は、「今後も多くの方の様々な視点からご意見をいただき、防災体制の充実を図っていきたい」と話しました。

新潟県防災会議(西回廊講堂)

新潟少年硬式野球連盟創立40周年記念式典に出席しました(平成30年3月21日)

 創立40周年を迎えた標記連盟の記念式典に出席しました。
 米山知事は、「今後も野球を通じ、本県のスポーツ振興に取り組んでいただけるよう期待しています」と挨拶しました。

少年硬式野球連盟創立40周年記念式典(新潟市内)

日本ボーイスカウト新潟連盟「連盟長を囲む集い」に出席しました(平成30年3月21日)

 連盟長として、8名のスカウトに菊スカウト章を顕彰し、奉仕活動など日頃のスカウト活動の成果について報告を受けました。
 米山知事は、「奉仕活動を通じて人のために尽くすことは、自分自身の人生も豊かにするすばらしい活動だと思います」と感想を述べ、スカウトを激励しました。

連盟長を囲む集い(新潟市内)

平昌オリンピック銀メダリスト平野歩夢選手の表敬訪問を受けました(平成30年3月20日)

 今年2月に韓国平昌で開催された、第23回オリンピック冬季競技大会スノーボード男子ハーフパイプで銀メダルを獲得した平野歩夢選手の表敬訪問を受けました。
 大会の報告を聞いた米山知事は、「平野選手の活躍により、県民をはじめ多くの人が勇気をもらいました。ぜひ、これからも頑張ってください」とお祝いの言葉を述べました。

平野歩夢選手表敬訪問(知事室)

にいがた未来フォーラム2018に出席しました(平成30年3月17日)

 にいがた未来フォーラム2018に出席し、インバウンドで開く新潟の未来について、司会の田原総一朗さんやパネリストの方々とディスカッションを行いました。
 米山知事は、「外国人の方から見た観光の中身の魅力向上や個人に届くPR方法、外国人の方がその中身にたどり着けるような方法づくりをきちんと実行していきたい」と話しました。

にいがた未来フォーラム(新潟市内)

大河津分水路改修事業の起工式に出席しました(平成30年3月17日)

 国土交通省が整備を行っている大河津分水路改修事業の起工式に出席し、地元選出の国会議員や沿川市長などと鍬入れを行い、工事の安全を祈願しました。
 米山知事は、「この改修工事は、安全・安心な県土の実現とともに、本県の更なる発展に大きく寄与するものであり、一日も早く完成することを期待します。県としても、円滑に進捗するよう、関係機関との連携を一層強化してまいります」と祝辞を述べました。

大河津分水路改修事業起工式(長岡市)