このページの先頭です メニューをとばして、このページの本文へ
新潟県ホーム の中のようこそ知事室へ
本文はここから

ようこそ知事室へ


新潟県知事写真

 新潟県知事の米山隆一です。
 昨年10月、県民の皆様の御信託を得て、知事に就任いたしました。
 
 私は、政治の目的は、一人一人の幸福を可能な限り増やし、一人一人の不幸を可能な限り減らしていくことであると考えております。今までの政治の中で、ややもすると取り残されてきた一人一人の想いを丁寧に受け止めて、幸福の源である命と暮らしが守られると同時に、新潟県の、現在とそして未来への責任を果たす県政を実現したいと思います。

 私達は、先人たちから受け継いだこの美しい県土と、人と人との暖かい絆を保ち、未来に引き継いでいく責任があります。私は、新潟県知事として、現在の新潟県の諸課題に真摯に対応しつつ、将来の発展に向けた方向性を示し、県内の多くの力を結集して新潟県の新たな未来を切り開き、次世代の子供たちに引き継いでいきたいと思います。

新潟県知事 米山 隆一

トピックス

NDNフェスティバルに出席しました(平成29年11月5日)

 新潟動物ネットワークが主催する犬猫の殺処分ゼロを目指す標記イベントで、女優の杉本彩さん、篠田昭新潟市長らとトークセッションを行いました。
 米山知事は、「動物愛護は、言葉の通じない動物に愛情と思いやりを持ち、様々な意味でコストを負担することだと思います。動物愛護を通じて、支え合いの心が広がる社会ができればいいと思います」と話しました。

NDNフェスティバル(新潟市内)

県殉職隊員追悼式に出席しました(平成29年11月5日)

 災害派遣や訓練等により職に殉じた自衛隊員の遺徳を偲ぶ標記追悼式に出席しました。
 米山知事は、「国土と国民の生命・財産を守るという崇高な使命のもと、任務遂行中に殉職された四十二柱の尊い御霊に対し、県民を代表して心から哀悼の意を表します」と追悼の言葉を述べました。

県殉職隊員追悼式(新発田市内)

北海道東北地方知事会議及びほくとうトップセミナーに出席しました(平成29年11月1日~2日)

 青森県青森市で開催された北海道東北地方知事会議及びほくとうトップセミナーに出席しました。
 初日の知事会議では、東日本大震災からの復興や地域経済の好循環を支える「人づくり」の推進などについて、北海道東北地方の知事と意見交換を行い、国への提言・決議を取りまとめました。
 米山知事は、拉致問題の早期解決や地域医療対策の充実等を国に要望することを提案し、合意を得ました。
 2日目のトップセミナーでは、本県出身で人工知能に造詣の深い石山洸氏の講演を受け、北海道・東北の知事及び経済界のトップの方々とAI・IoTについて議論を交わしました。

北海道東北地方知事会議(青森県)

歌手の平原綾香さんに「にいがた観光特使」を委嘱しました(平成29年11月1日)

 県の観光の魅力を広く発信するため、長岡花火の復興祈願花火「フェニックス」とのコラボレーションを行っている平原綾香さんに「にいがた観光特使」を委嘱しました。
 米山知事は、「美味しいお米や長岡花火など、四季折々の多彩な新潟の魅力を広く発信していただき、本県の観光振興への協力をお願いしたい」と話しました。

にいがた観光特使委嘱(東京都内)

「知って、肝炎プロジェクト」のスペシャルサポーター小橋建太氏の表敬訪問を受けました(平成29年10月31日)

 肝炎に関する正しい知識を持ち、早期発見・早期治療に向けて自ら積極的に行動することを目的とした、「知って、肝炎プロジェクト」のスペシャルサポーターである小橋氏の表敬訪問を受けました。
 米山知事は、「県民が検査を受けやすい環境づくりに引き続き取り組んでいきたい」と話しました。

知って、肝炎プロジェクト(特別応接室)

技能五輪全国大会及び全国障害者技能競技大会県選手団結団式を行いました(平成29年10月31日)

 11月17日から栃木県で開催される、標記大会に出場する新潟県選手の結団式を行いました。
 米山知事は、「皆さんの活躍が、若い世代に技能の重要性とものづくりの関心を一層高めてもらうことにも繋がります。日頃磨き上げた技能を、両大会で存分に発揮されることを期待します」と選手を激励しました。

技能五輪県選手団結団式(講堂)

「海フェスタにいがた」実行委員会総会に出席しました(平成29年10月30日)

 国民の海に対する関心を喚起するとともに、地域の活性化を図ることを目的に、毎年、海にゆかりの自治体で開催されている「海フェスタ」が、平成30年7月に新潟市・佐渡市・聖籠町で開催されることが決定し、設立された標記実行委員会の総会に出席しました。
 米山知事は、「「海フェスタにいがた」の成功を心から祈念するとともに、これを契機に多くの方々にみなとまち新潟を知っていただきたい」と挨拶しました。

海フェスタにいがた実行委員会(新潟市内)

県錦鯉品評会表彰式に出席しました(平成29年10月29日)

 県錦鯉品評会の大会名誉会長として表彰式に出席し、挨拶を行うとともに、受賞者に賞状及び副賞を授与しました。
 米山知事は、「県では本年5月に新たな県のシンボルとして、錦鯉を「県の鑑賞魚」に指定しており、引き続き、国内外への情報発信に努め、錦鯉産業の更なる振興に取り組んでまいります」と挨拶しました。

県錦鯉品評会(小千谷市内)

国際ロータリー第2560地区地区大会に出席しました(平成29年10月29日)

 地域に根ざした様々な社会奉仕活動に取り組んでいる、国際ロータリー第2560地区の地区大会に出席しました。
 米山知事は、「新潟県が暮らしやすく、総合的に魅力ある地となるよう、県政の様々な課題に取り組んでまいります」と挨拶しました。

国際ロータリー地区大会(新潟市内)

日本青年会議所北陸信越地区新潟ブロック協議会新潟ブロックコンファレンスに出席しました(平成29年10月28日)

 県内22の青年会議所のメンバーが一堂に会し、本年度の活動を振り返る、2017年度第2回のブロックコンファレンスの開会式に出席しました。
 米山知事は、「斬新な思想と果敢な行動力を基に、新たな価値の創造に挑戦する若手経営者の活力が、今後ますます重要になる」と期待の言葉を述べました。 

日本青年会議所新潟ブロックコンファレンス(燕市内)

東京電力HD(株)の小早川社長と面談しました(平成29年10月27日)

 東京電力HDから、原子力規制委員会の審査において、原子炉設置者としての適格性に関し回答した原子力安全の向上に関する取り組み等について説明を受けました。
 米山知事は、東京電力HDに情報提供等、3つの検証への協力を改めて要請するとともに、「県として安全が確保されない限り、再稼働にイエスと言うつもりは全くない。科学的事実に基づき検証する」と述べました。

東京電力面談(特別応接室)

健康ビジネスサミットうおぬま会議2017in新潟市を開催しました(平成29年10月26日)

 今後の成長が見込まれる健康・医療・福祉関連分野で付加価値の高いビジネスを創出するため、標記会議を開催しました。
 オープニングの挨拶で米山知事は、「県民健康ビッグデータプロジェクト等の取組を通じて、健康産業の創出につなげていきたい」と話し、今後の健康関連ビジネスの拡大に期待を寄せました。

健康ビジネスサミット(新潟市内)

モンゴル・フブスグル県高校生代表団の表敬訪問を受けました(平成29年10月26日)

 新潟県とモンゴル・フブスグル県の交流推進を目的に本県を訪問した、フブスグル県の高校生代表団7人の表敬訪問を受けました。
 代表団から新潟の印象などを聞いた米山知事は、「今後も同世代の高校生と交流を続け、新潟とフブスグルの架け橋となってください」と話しました。

モンゴル・フブスグル県代表団表敬訪問(知事室)

いじめ防止のための学校訪問キャラバン出発式に出席しました(平成29年10月25日)

 「いじめ見逃しゼロ県民運動」の個人サポーター等が、県内8つの中学校、高等学校を訪問し、いじめ防止を呼びかける学校訪問キャラバンの出発式に出席しました。
 米山知事は、「『いじめに遭ったときは、周りの誰かにシグナルを発し、相談しよう』と子ども達に伝え、悩んだり苦しい思いをしたりしている子どもの心に勇気と希望と与えてください」と、キャラバン隊の皆さんに話しました。

いじめ防止学校訪問キャラバン(県庁正面)