このページの先頭です メニューをとばして、このページの本文へ
新潟県ホーム の中のようこそ知事室へ
本文はここから

ようこそ知事室へ


新潟県知事

新潟県知事の花角英世です。

新潟県民の皆様の安全と安心を確保することを第一に、同時に
活力ある新潟をつくり、多くの皆様が新潟に住んでいることを
誇りに思い、また多くの国内外の方が新潟に魅力を感じてきて
いただける新潟県を目指してまいります。

新潟県知事 花角英世

トピックス

「クールジャパン推進会議in新潟」に出席しました(令和元年6月15日)

 内閣府、小千谷市とともに、新潟の持つ多様なクールジャパン・コンテンツの発掘・発信に向けた推進会議を開催し、「COOL NIIGATA宣言」を行いました。
 知事は、「本県発祥の錦鯉、新潟清酒、豊かな食文化、スノーリゾート、アニメ・漫画など、世界に誇れる多様な魅力『COOL NIIGATA』コンテンツを再認識し、それらを育み、組み合わせ、そして自信をもって発信することで、『住んでよし、訪れてよしの新潟県』の実現に向けて、県民一丸となって取り組んでまいります。」と宣言しました。

クールジャパン推進会議in新潟(小千谷市)

新潟水俣病被害者の会・新潟水俣病共闘会議の合同総会に出席しました(令和元年6月15日)

 新潟水俣病被害者の会と、新潟水俣病共闘会議の合同総会に来賓として出席しました。
 知事は、「悲惨な公害が二度と繰り返されないように、後の世代にしっかり教訓を伝えていく取組を続けていきたい。」「国の救済制度を抜本的に見直せないか、粘り強く努力を続けていきたい。」と挨拶しました。

合同総会(環境と人間のふれあい館)

(一社)新潟県経営者協会2019年度定時会員総会に出席しました(令和元年6月14日)

 企業基盤の安定と発展に取り組み、地域経済の発展に貢献する一般社団法人新潟県経営者協会 の2019年度定時会員総会に出席しました。
 知事は、「起業に関心のある方、起業して間もない方を応援する「にいがたスタートアップ推進事業」を新設したところであり、新潟県で新しいことに挑戦する方々を後押しすることで、新潟県の活力づくりを行ってまいりたい。是非とも、地域経済を牽引する皆様とも連携をして取組を進めてまいりたい。」と話しました。

県経営者協会定時会員総会(ANAクラウンプラザホテル)

新潟県戦没者慰霊碑「平和の礎」追悼式に参列しました(令和元年6月14日)

 本追悼式は、日華事変以降の本県出身戦没者等の慰霊のため、毎年、新潟県護国神社内の新潟県戦没者慰霊碑「平和の礎」前で行われています。
 知事は、追悼式を主催する「平和の礎」奉賛会会長として式辞及び献花を行い、式辞の中で「戦争の悲惨な体験を風化させることなく、次の世代に末永く語り継ぐことが大切である。」と話しました。

追悼式(新潟県護国神社)

防災・減災対策の新たなステージに向けた検討会議(ハード対策分野・ソフト対策分野)から提言を受けました(令和元年6月13日)

 平成30年7月豪雨など近年の頻発・激甚化する豪雨災害を踏まえ、今後の新潟県の水害対策について検討することを目的に設置された「防災・減災対策の新たなステージに向けた検討会議」のハード対策分野、ソフト対策分野、それぞれの座長から提言を受けました。
 知事は、「雨の多い季節を迎える中で、頂いた提言を受けて行政の中で活かしていきたい。」と話しました。

提言受領(知事室)

市川海老蔵さん、堀越勸玄さんをお招きし、新潟米「新之助」の田植えをしました。(令和元年6月9日)

 市川海老蔵さん、堀越勸玄さんをお招きし、一般販売開始から今年で3年目を迎える新潟米「新之助」の田植えを一緒に行いました。
 田植えを終えた知事は、「お2人には来ていただいて、感謝している。」と話すとともに「新潟米「新之助」も八代目 市川新之助を襲名される勸玄さんと同じく大きく成長するよう願っています。」と話しました。

新潟米「新之助」田植えイベント 記者会見(新潟市内)

「東京2020に向けた応援プロジェクトin新潟 やっぱり、スポーツ! ~東京2020から見える新潟の近未来~」に出席しました(令和元年6月9日)

 県、新潟市、(一財)日本経済研究所及び日本経済新聞社の主催による「東京2020応援プロジェクトin新潟」において、主催者を代表して開会挨拶を行いました。
 知事は、「東京2020オリンピック・パラリンピックへの県民の期待を盛り上げていくとともに、参加国の選手との交流など、オリンピック・パラリンピックの開催効果が本県に波及するようしっかりと取り組んでいきたい。」と話しました。

東京2020に向けた応援プロジェクトin新潟(朱鷺メッセ)

阿賀町で「知事と一緒に車座トーク」を開催しました(令和元年6月7日)

 「知事と一緒に車座トーク」は、知事が県民一人一人の声に耳を傾け、地域の活性化について一緒に考えることを目的に開催しています。今回は、「阿賀のごっつぉで地域おこし~阿賀の特産品で町のにぎわいをつくるには~」をテーマに、地域の課題に向き合い、取り組んでいる方々と意見交換を行いました。
 意見交換を受けて、知事は「阿賀町固有の食文化をさらに多くの人に伝える試みをぜひやってほしい。」と話しました。

車座トーク(阿賀町)

アルペンスキーワールドカップ2020にいがた湯沢苗場大会実行委員会第2回総会に出席しました(令和元年6月7日)

 2020年2月に湯沢町で開催する「Audi FISアルペンスキーワールドカップ2020にいがた湯沢苗場大会」の実行委員会総会に会長として出席しました。
 知事は、「『スノーリゾート新潟』を国内外に発信するとともに、ジュニア育成や本県スキーの裾野拡大につなげたい。大会の開催準備に最大限取り組んでいきたい。」と挨拶しました。

アルペンW杯実行委員会総会(西回廊講堂)

新潟県産業資源循環協会 設立30周年記念式典に出席しました(令和元年6月5日)

 本県の産業廃棄物処理業者等で構成される(一社)新潟県産業資源循環協会の設立30周年記念式典において、県の生活環境の保全に顕著な貢献をされた方々に表彰状を授与しました。
 知事は、表彰の後、「県としても、使い捨てプラスチック対策や食品ロスの削減など3Rの推進に努めており、皆様におかれても、本県の循環型地域社会の形成のために、一層のご協力をいただきたい。」と話しました。

新潟県産業資源循環協会設立30周年記念式典(ANAクラウンプラザホテル)

関東甲信越1都9県議会議長会に出席しました(令和元年5月30日)

 関東甲信越1都9県の議長、副議長が一堂に会し、国や政府関係機関への地方議会の要望事項を審議する「関東甲信越1都9県議会議長会」に出席し、開催県知事として歓迎の挨拶を行いました。
 知事は、議会と執行機関を県政という車の両輪に例え、「前に進めるには、息を合わせることが必要。そのために、意見交換、議論を重ね、双方の信頼を築いていきたい。」と話しました。

関東甲信越1都9県議会議長会(ANAクラウンプラザホテル)

全国事業承継推進会議 関東ブロックに出席しました(令和元年5月29日)

 事業承継への意識醸成、支援機関の連携強化を図るための全国会議が新潟市で開催され、県内外から約500人の参加がありました。
 新潟県は、全国的にも事業所の休廃業率が高いことから、知事は、「新潟県も事業承継は重要な課題と認識しており、この会議を通じて関係者とともに認識を深め、事業承継の推進に今後も取り組んでいきたい。」と挨拶しました。

全国事業承継推進会議(アートホテル新潟駅前)

令和元年春の叙勲・褒章及び第32回危険業務従事者叙勲伝達式を行いました(令和元年5月22日)

 多年にわたる地方自治、消防、労働行政、生活衛生、社会福祉、看護業務、保健衛生、技能検定、児童福祉、危険業務の各分野でのご功績により叙勲・褒章の栄に浴された方々に勲章等を伝達しました。
 知事は、伝達の後「各分野の第一線にあって、長年にわたり業務に精励され、新潟県の発展にとどまらず、今日の日本の繁栄にも大きく貢献をいただいた。心から敬意を表します。」と挨拶しました。

叙勲伝達式(西回廊講堂)

「日本港湾協会第92回定時総会」に出席しました(令和元年5月22日)

 全国の港湾事業関係者が多数参加した「日本港湾協会第92回定時総会」において、開催県を代表し歓迎の挨拶を行いました。
 知事は、「今後とも、計画的な港湾機能の強化及び、賑わい創出に向けた環境整備等を推進してまいりたい。」と話しました。

日本港湾協会第92回定時総会(朱鷺メッセ)