このページの先頭です メニューをとばして、このページの本文へ
新潟県ホーム の中のようこそ知事室へ
本文はここから

ようこそ知事室へ


新潟県知事写真

 新潟県知事の米山隆一です。
 平成28年10月、県民の皆様の御信託を得て、知事に就任いたしました。
 
 私は、政治の目的は、一人一人の幸福を可能な限り増やし、一人一人の不幸を可能な限り減らしていくことであると考えております。今までの政治の中で、ややもすると取り残されてきた一人一人の想いを丁寧に受け止めて、幸福の源である命と暮らしが守られると同時に、新潟県の、現在とそして未来への責任を果たす県政を実現したいと思います。

 私達は、先人たちから受け継いだこの美しい県土と、人と人との暖かい絆を保ち、未来に引き継いでいく責任があります。私は、新潟県知事として、現在の新潟県の諸課題に真摯に対応しつつ、将来の発展に向けた方向性を示し、県内の多くの力を結集して新潟県の新たな未来を切り開き、次世代の子供たちに引き継いでいきたいと思います。

新潟県知事 米山 隆一

トピックス

東京電力HD(株)の小早川社長と面談しました(平成30年1月9日)

 小早川東京電力HD社長から新年の挨拶を受けるとともに、柏崎刈羽原子力発電所6、7号機の設置変更許可について報告を受けました。
 米山知事は、「3つの検証がなされないかぎり再稼働の議論は始められない。」と県の立場を改めて伝えました。

東京電力HD面談(特別応接室)

新潟市中央卸売市場の新春初市に出席しました(平成30年1月5日)

 新潟市中央卸売市場で実施された、新年を祝う新春初市に出席しました。
 米山知事は、「適正な価格形成・安定供給機能など、生産者・消費者ともに喜ばれる卸売市場の発展に向け、力を合わせていきたい」と挨拶した後、新鮮な青果物が満載された宝船の初せりに参加しました。

中央卸売市場新春初市(新潟市内)

鄭美愛(じょん・みえ)駐新潟大韓民国総領事の表敬訪問を受けました(平成30年1月4日)

 このたび新たに着任された鄭美愛(じょん・みえ)駐新潟大韓民国総領事の表敬訪問を受けました。
 米山知事は、総領事の着任に対して歓迎の意を表するとともに、「今年は韓国総領事館開設40周年の記念の年であり、総領事館と連携し、韓国との交流促進に取り組みたい」と述べました。

鄭 駐新潟大韓民国総領事表敬(特別応接室)

職員への年頭挨拶を行いました(平成30年1月4日)

 米山知事から職員への年頭の挨拶が行われました。
 米山知事は、「県民の幸福を増やし、不幸を減らすこと、この思いを共有して頑張りましょう」と挨拶しました。

年頭挨拶(講堂)

中央日本4県サミットに出席しました(平成29年12月25日)

 静岡県富士市で開催された中央日本四県サミットに出席しました。
 「山の恵みを活かした『食』に関わる取組の推進」をテーマに、長野・山梨・静岡の県知事と意見交換を行い、食の魅力の共同発信や、減塩をはじめとした健康づくりについて、四県が連携して取り組んでいくことを確認しました。

中央日本4県サミット(静岡県)

ダンス世界大会「VIBE Dance Competition(バイブ・ダンス・コンペティション)」ジュニア部門優勝選手の表敬訪問を受けました(平成29年12月22日)

 11月にアメリカ・ロサンゼルスで開催されたダンス世界大会「VIBE Dance Competition(バイブ・ダンス・コンペティション)」ジュニア部門に初出場し、優勝したチーム「CHIBI UNITY(チビユニティー)」の表敬訪問を受けました。
 大会報告を受けた米山知事は、「優勝おめでとうございます。より技を磨き、いろいろな人を楽しませてください。今後の連覇を期待しています」と激励しました。

ダンス世界大会優勝選手表敬訪問(庁議室)

新潟おさかな大使「さかなクン」の表敬訪問を受けました(平成29年12月22日)

 平成19年に「新潟おさかな大使」に就任した「さかなクン」の表敬訪問を受けました。
 さかなクンとの初面談で米山知事は、新潟県が発祥の地である錦鯉の美しさや、真鯉の食文化について歓談するとともにに、県の鑑賞魚に指定された錦鯉のPRについて協力をお願いしました。

「さかなクン」表敬訪問(知事室)

町村会との意見交会を行いました(平成29年12月21日)

 県と町村の連携・協力を進めるため、町村長の皆様と意見交換会を行いました。
 挨拶の中で米山知事は、「課題解決に向けて、お互い力を合わせて進めさせていただきたい」と話しました。
 その後、町村長の皆様からの要望を頂き、意見交換が行われました。

町村会との意見交会(自治会館)

趙建熙(ちょ・こんひ)駐新潟大韓民国総領事の表敬訪問を受けました(平成29年12月21日)

 3年2ヶ月の任期を終え、離任される趙建熙(ちょ・こんひ)駐新潟大韓民国総領事の表敬訪問を受けました。
 米山知事は、ハンガウィ祭りの開催など、本県と韓国との交流の架け橋として尽力された趙総領事に感謝の意を表するとともに、「帰国後も新潟県の良き理解者として、本県と韓国との交流を御支援いただきたい」と述べ、「にいがた親善大使」への委嘱を行いました。

趙 駐新潟大韓民国総領事表敬(特別応接室)

市長会との意見交会を行いました(平成29年12月20日)

 県と市の連携・協力を進めるため、市長の皆様と意見交換会を行いました。
 挨拶の中で米山知事は、「課題解決に向けて、お互い力を合わせて進めさせていただきたい」と話しました。
 その後、市長の皆様からの要望を頂き、意見交換が行われました。

市長会との意見交会(自治会館)

(株)北越銀行から寄付金の贈呈を受けました(平成29年12月20日)

 (株)北越銀行から、地方創生の実現に寄与することを目的に、「創業140年記念 地方創生応援ファンド」の収益の一部を寄付金として贈呈していただきました。
 米山知事は謝辞を述べるとともに、「少子化対策や観光振興など、地方創生に役立つよう、ありがたく使わせていただきます」と話しました。

(株)北越銀行から寄付金贈呈(知事室)

糸魚川市の視察を行いました(平成29年12月16日)

 県内の各地域・市町村の現状や個別課題の実態、生活や産業を支える現場の声等をお聞きする機会として、糸魚川市の視察を行いました。
 にぎわい創生広場などを視察し、昨年12月22日に発生した大規模火災から1年が経過する糸魚川市の現状と復興に向けた取組について説明を受けました。

糸魚川市視察(糸魚川市内)

ロッテアライリゾートオープニングイベントに出席しました(平成29年12月16日)

 ロッテアライリゾートのオープニングセレモニーに出席し、上越市長、妙高市長らとともにテープカットを行い、開業を祝いました。
 米山知事は「1年を通じて楽しめる新たな観光スポットであり、地域と共存する施設として発展していくことを期待している」と挨拶した後、県のスキー観光PRキャラクター「レルヒさん」に扮してゲレンデを初滑走し、本県観光の誘客促進をPRしました。

ロッテアライリゾートオープニング(妙高市内)

少年の主張全国大会内閣総理大臣賞受賞者の表敬訪問を受けました(平成29年12月14日)

 「第39回少年の主張全国大会」で内閣総理大臣賞を受賞した、県立燕中等教育学校2年の平澤幸芽さんの表敬訪問を受けました。本県の代表は内閣総理大臣賞受賞は昭和55年以来で2回目です。
 米山知事は、「いじめというテーマは書きにくかったと思いますが、文章にして伝えることは勇気がいることですね。この主張が多くの小・中・高校生に共有されるといいですね」と話しました。

少年の主張全国大会表敬訪問(知事室)