このページの先頭です メニューをとばして、このページの本文へ
新潟県ホーム の中の高齢者・障害者・福祉の中のあすかハロウィンを実施しました!
本文はここから

あすかハロウィンを実施しました!

2018年01月15日
 10月25日~31日の5日間、あすかハロウィンを実施しました。
仮装をしてウォークラリー形式でセンター内を周りました。カボチャのおばけ、魔法使い、黒猫など、好きな仮装をしました。
あすかの踊り場を、カボチャのおばけや、コウモリなどの飾りでデコレーションしました。
牛乳パックで作ったお菓子ボックスの写真です。カボチャのおばけの顔を描き、黒猫などの切り絵を貼りました。

たくさんのカボチャがお出迎え

9月に作ったお菓子ボックス

 ご自分で作ったお菓子ボックスを手に、いざ出発!
途中ですれ違った職員や他の利用者様からも、「ハロウィンだ!」と注目されていました。

 あすか以外の、あまり面識のない職員を前に、少しどきどき。でも、仮装を褒められ、お菓子とシールをもらい、自然と笑みがこぼれます。

職員と利用者様が仮装をして、センター内を回っています。
ウォークラリーのポイントに到着。センター職員から、シールやお菓子をもらっています。

「トリック・オア・トリート!お菓子をくれないといたずらするよ!」

「ハッピーハロウィン!はい、お菓子をどうぞ。」

 3カ所周りきると、お菓子ボックスはいっぱいになりました。
皆さん、お土産を手にご満悦でした!
ブラックライトで怪しく光るおばけと、仮装してにやりと笑っている利用者様。
利用者様が、お菓子で一杯になったボックスを抱え、嬉しそうに笑っています。

「いつもと違う格好で、ちょっと恥ずかしい。でも、なんだかウキウキ♪」

「お菓子いっぱいもらったよ!」

通園あすか トップへ戻る
はまぐみ小児療育センター トップへ戻る