このページの先頭です メニューをとばして、このページの本文へ
新潟県ホーム の中のリサイクル・ごみの中の海岸漂着危険物の漂着状況について
本文はここから

海岸漂着危険物の漂着状況について

2016年11月22日
 強酸性や強アルカリ性の内容物が残っているポリ容器、油類の入ったドラム缶、高圧ガス容器など、危険物の漂着が確認されています。
 県及び沿岸市町村では海岸に漂着した危険物に手を触れないよう呼びかけています。

 危険物に関する漂着情報があった場合、こちらでお知らせします。

平成28年度 報道発表資料

※現在のところ、廃棄物対策課が個別に公表した事案はありません。

海岸漂着危険物の漂着状況

【平成28年度】海岸漂着危険物の漂着状況(PDF形式  36 キロバイト)
【平成27年度】海岸漂着危険物の漂着状況(PDF形式  37 キロバイト)
【平成26年度】海岸漂着危険物の漂着状況(PDF形式  39 キロバイト)

ポリ容器等の漂着状況

関連リンク

環境にいがたトップページへ