このページの先頭です メニューをとばして、このページの本文へ
新潟県ホーム の中のリサイクル・ごみの中の27年度「レジ袋削減県民運動」レジ袋辞退率調査結果
本文はここから

27年度「レジ袋削減県民運動」レジ袋辞退率調査結果

2016年06月20日

調査結果概要

 「レジ袋削減県民運動」に参加している事業者のレジ袋辞退率について調査しました。

 調査結果から見られる特徴は以下のとおりでした。
  ① 運動開始前の20年度と27年度のレジ袋辞退率を比較すると、ほとんどの事業者のレジ袋辞退率が上昇
  ② 特にレジ袋の無料配布を中止した事業者のレジ袋辞退率が高く、運動の効果が顕著

 なお、レジ袋の無料配布を取り止めたことにより生じた収益金は、事業者により環境保全活動等に活用されています。

平成27年度レジ袋辞退率調査結果(事業者別)(PDF形式  117 キロバイト)
収益金の活用方法(PDF形式  72 キロバイト)

参加事業者によるレジ袋削減等効果

 事業者からの調査回答を集計し、新潟県全体のレジ袋削減枚数等を推計しました。
 運動開始前の平成20年度と比較しています。
                             平成27年度(平成20年度比)
    レジ袋削減枚数                          4,020 万枚
                                        (1世帯当たり45枚に相当)
    ごみ削減量(※1)                              322 トン
    CO2削減量(製造・焼却)(※2)                 1,810 トン
                (杉の木 約13万本のCO2吸収量に相当)(※3)
    石油削減量(※4)                         736  kℓ
                            (200ℓドラム缶 3,700本に相当)
 ※1 レジ袋1枚の重量を8gで算出
※2 レジ袋1枚の製造および焼却により発生する二酸化炭素(CO2)を45gで算出
※3 杉の木1本当たりの年間吸収量を14kgで算出
※4 レジ袋1枚の製造に使用する石油使用量を18.3mℓで算出

過去の調査結果

平成26年度レジ袋辞退率調査結果(事業者別)(PDF形式  117 キロバイト)
平成25年度レジ袋辞退率調査結果(事業者別)(PDF形式  42 キロバイト)
平成24年度レジ袋辞退率調査結果(事業者別)(PDF形式  42 キロバイト)
平成23年度レジ袋辞退率調査結果(事業者別)(PDF形式  38 キロバイト)
平成22年度レジ袋辞退率調査結果(事業者別)(PDF形式  39 キロバイト)
平成21年度レジ袋辞退率調査結果(事業者別)(PDF形式  70 キロバイト)