このページの先頭です メニューをとばして、このページの本文へ
新潟県ホーム の中のリサイクル・ごみの中のレジ袋削減県民運動協定の締結状況
本文はここから

レジ袋削減県民運動協定の締結状況

2014年02月20日
 レジ袋削減県民運動とは、不要なレジ袋をもらわないことをきっかけに、県民の皆様の身の回りをもう一度見直してもらい、環境にやさしいライフスタイルを広げる運動です。
 平成26年2月20日現在、11事業者が県、消費者団体と協定を締結しています。

新たな協定締結

 平成26年2月20日にユニー株式会社と協定を締結しました。協定書は以下のとおりです。
協定書(ユニー)(PDF形式  585 キロバイト)

 平成25年7月1日に株式会社魚栄商店と協定を締結しました。協定書は以下のとおりです。
協定書(ウオエイ)(PDF形式  622 キロバイト)
 平成21年6月30日に佐渡市の合資会社小松屋商店、羽茂農業協同組合と協定を締結しました。協定書は以下のとおりです。
協定書(小松屋商店)(PDF形式  356 キロバイト)
協定書(JA羽茂)(PDF形式  339 キロバイト)

レジ袋削減県民運動宣言式・協定締結式

平成21年3月30日(月)に新潟県庁 西回廊講堂において、新潟県レジ袋削減県民運動宣言式・協定締結式を開催しました。
知事より、「レジ袋削減県民運動」は、県が新たに始める環境への取り組みのひとつであり、県民、事業者、消費者団体、行政が連携・協働して、進めることが重要であるとあいさつされ、県民運動がスタートしました。

県民の代表者として高沢富子様、事業者代表として清水商事株式会社様、団体代表として財団法人こしじ水と緑の会様、市町村代表として上越市様から、それぞれの「レジ袋削減に向けた取組」を宣言していただきました。
 次いで、県は、県民運動に参加する事業者のうち、レジ袋の無料配布取り止めに取り組む事業者と協定を締結しました。
協定を締結した事業者は以下の7社です。
 株式会社オーシャンシステム、株式会社ひらせいホームセンター、アークランドサカモト株式会社、イオンリテール株式会社、株式会社コメリ、新潟県職員生活協同組合、株式会社ホワイト急便ペリカンクリーニング

 

知事と(株)ひらせいホームセンターと協定を締結

協定書(オーシャンシステム)(PDF形式  334 キロバイト)
協定書(ひらせい) (PDF形式  324 キロバイト)
協定書(アークランドサカモト)(PDF形式  340 キロバイト)
協定書(イオンリテール)(PDF形式  350 キロバイト)
協定書(コメリ)(PDF形式  319 キロバイト)
協定書(新潟県職員生協)(PDF形式  346 キロバイト)
協定書(ペリカンクリーニング)(PDF形式  355 キロバイト)
新潟県の宣言書はこちら(PDF形式  399 キロバイト)

 協定締結事業者を代表して株式会社オーシャンシステムの樋口代表取締役様が決意表明を行いました。
 最後に協定に立ち会い者である新潟県レジ袋削減県民運動推進協議会会長の五十嵐由利子様(新潟大学教育学部教授)よりあいさつをいただき、「新潟県レジ袋削減県民運動宣言式・協定締結式を終了しました。

(株)オーシャンシステムの樋口代表取締役