このページの先頭です メニューをとばして、このページの本文へ
新潟県ホーム の中の農林水産業の中の新潟の漁港・漁村の歴史
本文はここから

新潟の漁港・漁村の歴史

2010年11月22日
漁港の写真

新潟県の漁港は、海岸線634.6km(本土331.0km、佐渡280.5km、粟島23.1km、平成17年3月31日現在)の長大な沿岸に、大小64港が点在しています。
漁港は、利用漁船数や利用形態などにより第1種から第4種に区分されており、それぞれの漁港を県や市村が管理しています。

【漁港の種類】
 第1種 その利用範囲が地元の漁業を主とするもの
 第2種 その利用範囲が第1種漁港よりも広く第3種漁港に属しないもの
 第3種 その利用範囲が全国的なもの
 第4種 離島その他辺地にあって漁場の開発又は漁船の避難上特に必要なもの

これとは別に港湾を管理するため、「新潟県が管理する港湾の臨港地区内の分区において規制される構築物の指定に関する条例」により新潟港(西港区)、直江津港、柏崎港、岩船港、姫川港に「漁港区」を指定しています。
 


漁港の名称と所在地(漁港名をクリックすると、漁港の航空写真や漁村の歴史、港勢が表示されます)

新潟県漁港一覧図
下表の「漁港名」をクリックすると各漁港の航空写真、各漁村の歴史が見られます

No 漁港名 所在地 港種 管理者 漁船数
(※1)
陸揚量
(※2)
トン
陸揚金額
(※3)
百万円
主な魚種
1 中浜漁港 村上市 第1種 村上市 11
2 府屋漁港 村上市 第1種 村上市 18 32 27 かき類、もずく類、かれい類
3 寝屋漁港 村上市 第2種 新潟県 84 1,665 707 たら類、ひらめ・かれい類
4 脇川漁港 村上市 第1種 村上市 45 176 99 さけ・ます類、かき類
5 桑川漁港 村上市 第1種 村上市 52 238 151 ひらめ・かれい類、たら類
6 荒川漁港 村上市 第1種 村上市 10 1 1 たら類 、ひらめ・かれい類
7 松塚漁港 新発田市 第1種 新発田市 104 29 19 さわら類、かに類
8 松浜漁港 新潟市 第1種 新潟市 273 56 79 その他の貝類、すずき類
9 新川漁港 新潟市 第1種 新潟市 68 45 59 ひらめ・かれい類、たこ類
10 巻漁港 新潟市 第1種 新潟市 60 19 18 たこ類、がざみ類
11 間瀬漁港 新潟市 第2種 新潟県 54 214 98 ひらめ・かれい類、たこ類
12 出雲崎漁港 出雲崎町 第2種 新潟県 99 377 216 たい類、ひらめ・かれい類
13 石地漁港 柏崎市 第1種 柏崎市 35 26 20 さざえ、もずく類
14 高浜漁港 柏崎市 第1種 柏崎市 20 12 9 ひらめ・かれい類、たい類
15 荒浜漁港 柏崎市 第1種 柏崎市 20 24 17 たい類、ひらめ・かれい類
16 鯨波漁港 柏崎市 第1種 柏崎市 21 9 7 たい類、ひらめ・かれい類

17 笠島漁港 柏崎市 第1種 柏崎市 20 31 24 たい類、ひらめ・かれい類
18 上越市柿崎漁港 上越市 第1種 上越市 29 36 21 ひらめ・かれい類、その他のかに
19 上越市大潟漁港 上越市 第1種 上越市 45 47 26 ひらめ・かれい類、ぶり類
20 有間川漁港 上越市 第1種 上越市 20 44 39 さざえ、ひらめ・かれい類
21 名立漁港 上越市 第2種 新潟県 45 193 134 たい類、その他のえび類
22 筒石漁港 糸魚川市 第2種 新潟県 49 902 451 にぎす類、ひらめ・かれい類
23 能生漁港 糸魚川市 第3種 新潟県 99 872 739 べにずわいがに、その他のえび
24 鬼舞漁港 糸魚川市 第1種 糸魚川市 7 3 3 わかめ類、さざえ
25 浦本漁港 糸魚川市 第2種 新潟県 15 154 137 ひらめ・かれい類、めばる類
26 大和川漁港 糸魚川市 第1種 糸魚川市 1
27 親不知漁港 糸魚川市 第1種 糸魚川市 40 325 126 あじ類、さわら
28 市振漁港 糸魚川市 第2種 新潟県 29 383 138 あじ類、さわら
29 粟島漁港 粟島浦村 第4種 新潟県 212 541 234 たら類、ぶり類
30 釜谷漁港 粟島浦村 第1種 粟島浦村 91 95 75 たら類、さざえ
31 真更川漁港 佐渡市 第1種 佐渡市 75 50 24 さざえ、めばる類
32 鷲崎漁港 佐渡市 第4種 新潟県 108 524 171 ぶり類、とびうお類

33 北小浦漁港 佐渡市 第1種 佐渡市 30 20 8 さざえ、あじ類
34 黒姫漁港 佐渡市 第1種 佐渡市 30 277 95 あじ類、ぶり類
35 浦川漁港 佐渡市 第1種 佐渡市 68 287 80 するめいか、たら類
36 和木漁港 佐渡市 第1種 佐渡市 33 578 122 するめいか、ぶり類
37 白瀬漁港 佐渡市 第2種 新潟県 50 1,025 229 あじ類、ぶり類
38 羽吉漁港 佐渡市 第1種 佐渡市 64 144 43 あじ類、その他のいか類
39 両津漁港 佐渡市 第3種 新潟県 283 2,053 687 かき類、するめいか
40 椎泊漁港 佐渡市 第1種 佐渡市 87 790 65 あじ類、しいら類
41 入桑漁港 佐渡市 第1種 佐渡市 44 52 33 あじ類、さざえ
42 大川漁港 佐渡市 第1種 佐渡市 64 87 55 あじ類、ひらめ・かれい類
43 水津漁港 佐渡市 第2種 新潟県 97 412 237 するめいか、たこ類
44 豊岡漁港 佐渡市 第1種 佐渡市 79 74 36 その他の海藻類、たら類
45 多田漁港 佐渡市 第1種 佐渡市 55 51 32 その他のえび類、たら類
46 赤泊漁港 佐渡市 第1種 佐渡市 91 76 45 たら類、ひらめ・かれい類
47 上浦漁港 佐渡市 第1種 佐渡市 38 92 62 たら類、めばる類
48 羽茂漁港 佐渡市 第1種 佐渡市 97 41 24 その他の海藻類、なまこ類

49 小木漁港 佐渡市 第2種 新潟県 146 189 97 あじ類、はぎ類
50 内岬漁港 佐渡市 第1種 佐渡市 101 33 19 さざえ、めばる類
51 江積漁港 佐渡市 第1種 佐渡市 210 195 92 さざえ、あじ類
52 亀脇漁港 佐渡市 第1種 佐渡市 29 15 6 とびうお類、さざえ
53 西三川漁港 佐渡市 第1種 佐渡市 24 7 5 さざえ、わかめ類
54 大立漁港 佐渡市 第1種 佐渡市 64 183 38 あじ類、さざえ類
55 真野漁港 佐渡市 第1種 佐渡市 101 210 105 あじ類、なまこ類
56 沢根漁港 佐渡市 第1種 佐渡市 101 82 59 かき類、なまこ類
57 稲鯨漁港 佐渡市 第2種 新潟県 94 228 98 するめいか、あじ類
58 高瀬漁港 佐渡市 第1種 佐渡市 133 56 33 さざえ、その他のいか類
59 相川漁港 佐渡市 第1種 佐渡市 69 12 9 さざえ、あわび類
60 姫津漁港 佐渡市 第2種 新潟県 111 876 432 するめいか、ぶり類
61 北狄漁港 佐渡市 第1種 佐渡市 90 83 47 その他のいか類、さざえ
62 片辺漁港 佐渡市 第1種 佐渡市 77 26 16 さざえ、もずく類
63 高千漁港 佐渡市 第2種 佐渡市 202 162 87 さざえ、その他のいか類
64 関漁港 佐渡市 第1種 佐渡市 89 34 22 さざえ、わかめ類
出展:平成19年港勢調査(平成19年の実績値)    
※1 漁港を利用した漁船の数(利用漁船数)        
※2 漁港に陸揚された水産物の量(属地陸揚量)        
※3 漁港に陸揚された水産物の金額(属地陸揚金額)   

新潟の漁業・漁具・漁法

全国の中での位置付け

新潟県の漁港数
  本土 離島 県管理 市町村管理
第1種 20 27 47   47 47
第2種 7 6 13 12 1 13
第3種 1 1 2 2   2
第4種   2 2 2   2
28 36 64 16 48 64
全国の漁港数は2,923港

項目

 新潟県  A

全国(H18) B

A/B×100

総投資額

2,430億円 (38億円/)

10794億円(35億円/港)

2.4

防波堤総延長

39km (0.6km/港)

1,500km(0.5km/)

2.6

岸壁・物揚場延長

41km (0.6km/)

937km(0.3km /)

4.3

用地面積

0.7km20.01km2 /)

39km2 (0.01km2   /)

1.9

登録漁船数

4,688(73/)

231,200(79/)

2.0

属人陸揚げ量

15,502 t242t/)

4,383,215t(1,500t/)

0.4

属地陸揚げ金額

6,885百万円(108百万円)

1,157,980百万円(396百万円/)

0.6

経営体数

2,523経営体(39.4経営体/)

132,715経営体(45.4経営体/港)

1.9

海岸線延長

県全体

634km

35,340km(全国21)

1.8

本土

331km

 

 

離島

303km

 

 

漁港間の平均距離

県全体

9.9km

12.2km(全国18)

 

本土

11.8km

 

 

離島

8.4km

 

 

主要指標(利用漁船数、陸揚量、陸揚金額)の推移(平成元年以降)

 平成19年に県内の漁港を利用した漁船数は約5,000隻で、前年と比較してやや減少しました。漁港に陸揚された水産物の量は約16,000トンでやや減少し、金額も約75億円でやや減少しています。
 過去10年を見ると、漁船数・陸揚量・陸揚金額のいずれもやや減少傾向で推移しています。
主要指標(利用漁船数、陸揚量、陸揚金額)の推移のグラフ
主要指標(利用漁船数、陸揚量、陸揚金額)の推移

月別・漁業種類別陸揚量(平成19年)

 平成19年の月別陸揚量は、いか釣りが盛漁期を迎える6月が最も多く、大型定置網の休漁が多い9月が最も少なくなっています。最も陸揚量の多い大型定置網は、月別陸揚量の変動が大きく、全体の陸揚量の動向にも影響を与えています。
月別・漁業種類別陸揚量(平成19年)
月別・漁業種類別陸揚量(平成19年)