このページの先頭です メニューをとばして、このページの本文へ
新潟県ホーム の中の農林水産業の中の真更川漁港(第1種 佐渡市管理)
本文はここから

真更川漁港(第1種 佐渡市管理)

2010年11月22日
真更川漁港
真更川漁港 平成11年9月撮影
こちらをクリックすると、漁港の詳細なデータが表示されます(PDF形式  265 キロバイト)

漁村の歴史

【真更川】
 真更川(まさらがわ)村北側に浄蓮坊(じょうれんぼう)川、中央に堂(どう)の川、南側に大(おお)川、岩谷口村寄りに大ザレ川が流れ、大ザレ川は滝となって海に注ぐ。集落は大川寄りの台地上西側の上衆(かみじょう)、東側の下衆(しもじょう)からなる。沖合200mの海中には鴨(かも)島、端綱(はづな)とり島、烏帽子(えぼし)岩などの岩礁が多い。集落は元は海辺低地の字はしりくだりにあったと言われる。
 慶長5年(1600)の検地帳では名請人10人で、草分は民部と記される土屋三十郎という。慶安元年(1648)の新田納方改帳によると、さいの神、いちこ塚、そてはたけ、江の下、はしりくだりが新開された。万治2年(1659)の新田改帳では、はけの平、かきのうち、宮ノ高、宮の上が開田されている。元禄7年(1694)の検地帳では田畑屋敷合計11町7反余で、名請人26人、うち屋敷持24人、御林に松尾山、江口山と新御林のはね坂道ノ下の3箇所がある。宝暦(1751~64)の「佐州巡村記」では戸口17軒、133人。寛政10年(1798)の年貢皆済目録に山役、烏賊役、船歩銀、糀室役、を納める。享保年間(1716~36)の諸国廻船入津帳に備前、加賀、大坂などの他国廻船の入津も多く年間20艘ほどが入津している。岩礁も多く難船、破船の記録も多い。
 氏神の熊野神社社伝には文亀元年(1501)創建と伝えるが、「佐渡国寺社境内案内帳」では元禄元年(1687)と伝える。諏訪神社のご神体は鎌といい、鎌の絵馬も奉納されている。
(出典:新潟県の地名 平凡社刊)