このページの先頭です メニューをとばして、このページの本文へ
新潟県ホーム の中の農林水産業の中の黒姫漁港(第1種 佐渡市管理)
本文はここから

黒姫漁港(第1種 佐渡市管理)

2010年11月22日
黒姫漁港
黒姫漁港 平成17年11月撮影
こちらをクリックすると、漁港の詳細なデータが表示されます(PDF形式  249 キロバイト)

漁村の歴史

【黒姫】
 集落の多くは山間を流れる黒姫川流域周辺に海に面し開ける。
 佐州巡村記には「村移リニ大山(おおやま)越トいう難所アリ」と記し、かつては歌見から大山越で当村に入った。
 慶安4年(1651)の屋敷検地帳には屋敷持ちは6人。小物成は烏賊2千枚、山役銀40匁。元禄7年(1694)の検地帳では田3町7反余、畑1町2反余で、名請人19人。屋敷は河口に近い「浜ばた」に集中する。天保12年(1841)の佐渡国巡村記では戸口10軒、102人。安永6年(1777)の廻船書上には廻船1艘、小船4艘がある。
 黒姫川下流右岸の海を見下ろす大山の麓に猿田彦命を祀る椿(つばき)神社がある。佐渡国寺社境内案内帳に社人勘六とあり、今も草分の山本家が務め、同家では椿油を使わないという。又この辺りは鬼にまつわる伝説が多く、同家の節分では「福は内、鬼も内」と唱える。
 左岸に真言宗豊山派医王山薬師寺がある。
(出典:新潟県の地名 平凡社刊)