このページの先頭です メニューをとばして、このページの本文へ
新潟県ホーム の中の農林水産業の中の和木漁港(第1種 佐渡市管理)
本文はここから

和木漁港(第1種 佐渡市管理)

2010年11月22日
和木漁港
和木漁港 平成17年11月撮影
こちらをクリックすると、漁港の詳細なデータが表示されます(PDF形式  242 キロバイト)

漁村の歴史

【和木】
 金剛山の支脈が海に突出する宮尾(みやのお)に和木崎がある。集落は段丘下に海に面し列村形態をなす。馬首村との境を流れる和木川は水源を坊ヶ崎村内雨(あま)池より発し、北平(きたひら)山を通じ大(おお)滝を経て流下する。村の用水はこの川の水を引いた。
 慶長5年(1600)の脇村苅帳写には本苅合1千701束、見出合240束で、名請百姓5人、分付百姓7人。元禄7年(1694)の検地帳では田8町2反余、畑1町5反余で名請人31人。天保9年(1838)の書上帳では戸口27軒、196人、うち木挽2、桶屋1。小物成に山役、烏賊役、油絞役があり、船は23艘。製炭も盛んであった。明和3年(1766)の証文によると、馬首村との間で鮫網漁について取り決めがなされる。鮫は刺網や延縄で取り魚油とした。
 北の宮尾崎に伊須流岐彦命を祀る和木神社がある。佐渡神社誌には、文安3年(1446)能登羽咋(はくい)郡石動(いするぎ)神社を勧請したという。
 村の南に水産翁と云われた川上喚濤の追念碑がある。喚濤は安政3年(1856)旧金井(かない)町に生まれ、当村の産物の加工販売や漁法の改良などに尽くした。
(出典:新潟県の地名 平凡社刊)