このページの先頭です メニューをとばして、このページの本文へ
新潟県ホーム の中の農林水産業の中の椎泊漁港(第1種 佐渡市管理)
本文はここから

椎泊漁港(第1種 佐渡市管理)

2010年11月22日
椎泊漁港
椎泊漁港 平成11年9月撮影
こちらをクリックすると、漁港の詳細なデータが表示されます(PDF形式  171 キロバイト)

漁村の歴史

【椎泊】
 集落は標高30mほどの段丘上に集村をなし、西組・中田組・浦組・小路組・中組・上組。下組に分かれる。背後地から椎泊の北(きた)川と南(みなみ)川が海に注ぐ。
 慶長5年(1600)の検地帳には「椎ノ木」「しい」の地名が見え、刈高8せん952束、名請人42人とある。元禄7年(1694)の検地帳では、田畑合計67町7反余、御林は小むら山・宇佐見山・源山林の三箇所。名請人125人、うち屋敷持ち65人。天保9年(1838)の書上帳では、家大工・干物売・たたみさし・板木商各1、木挽5・桶屋2がいる。小物成に山役・烏賊役・漆木役・糀室・船歩銀・油絞役などがある。塩焼きも行われ、船数は5艘。
 集落背後の山に、昭和21年(1946)に磯崎宮と白山神社を合祀した、椎泊神社がある。磯崎宮の旧社地は元禄7年の検地帳に見える弁才(べんざい)の地。白山神社跡地の背後に浄土宗心願(しんがん)寺があり、慶長の頃籐右衛門隠居(猪股姓)の建立という。真宗大谷派長善(ちょうぜん)寺は寛永(1623~44)頃須藤籐左右衛門建立という。
 集落中央旧道沿いに鯨の墓がある。明治21年(1888)漂着とあり「釈震声能度鯨魚 当村講中建之」と記す。
 報徳社の活動が現在も続く。
(出典:新潟県の地名 平凡社刊)
追記:報徳思想とは、小田原藩家老家の財政改革や下野国桜町の農村復興運動を指揮した二宮尊徳が、自身の思想を体系化した経済学説・思想の一つである。大日本報徳社の下部組織として全国の各地域、各職域に社団法人として「報徳社」が設置されている。