このページの先頭です メニューをとばして、このページの本文へ
新潟県ホーム の中の農林水産業の中の大川漁港(第1種 佐渡市管理)
本文はここから

大川漁港(第1種 佐渡市管理)

2010年11月22日
大川漁港(大川地区)
大川漁港(大川地区) 平成17年11月撮影
大川漁港(姫崎地区)
大川漁港(姫崎地区) 平成17年11月撮影
こちらをクリックすると、漁港の詳細なデータが表示されます(PDF形式  205 キロバイト)

漁村の歴史

【大川】
 東端に姫(ひめ)崎、西端に仏(ほとけ)崎があり、ほぼ中央に大河内(おおこうち)(大川=おおがわ)が流れ、津神(つがみ)島の出島がある。東寄りには小河内(こごうち)川が海に注ぐ。大河内川・小河内川沿いの段丘下から開発が進んだと見られ、草分は与左衛門・平内太郎と伝える。
応永12年(1405)8月19日の久地本間氏給分帳写に「反半羽入 六分一名今ハ相賀入道」とある六分一(ろくぶいち)は野城(のじょう)に地名として残る。六分一にはかつて惣賀家があった。元禄7年(1695)の検地帳では田13町9反余、畑8町4反余、御林は竹ノ河内と木戸ヶ沢平の2箇所、名請人71人。天保9年(1838)の書上帳では戸口52軒、317人、うち四十物・籠振・山崎(山伏)各1、家大工5、木挽・桶屋各3がいる。
 正徳4年(1714)の諸役人勤書によれば、諸国から出入りする廻船の澗として浦目付が設置され、出入廻船の監督や収税業務を果した。廻船業者の多くは廻船宿を引き受けていた。幕末頃の廻船業者は、大坂屋、金子屋、讃岐屋、能登屋、川上屋、加賀屋、越後屋、本間屋、佐野屋の9軒があり、現在は旅館・民宿を経営する。
 津神島の出島に津神島神社がある。本殿背後に明治中期に灯台も設けられた。
 真言宗豊山派照光(しょうこう)寺は天正16年(1588)の開基で、もとは大川川尻の寺屋敷にあり、元禄11年(1698)現在地に移ると伝わる。
(出典:新潟県の地名 平凡社刊)
【姫崎】
 大川村の集落は浜方の東組と西組と姫崎台地上の野崎組と三組に分かれる。
 姫崎と和木崎(和木漁港参照)を結ぶ線の陸地側を両津湾という。
 明治28年12月10日に点灯された、「姫埼(ひめさき)灯台」は、我が国に現存する日本最古の鉄造りの灯台で、平成10年、国際航路標識協会による「世界各国の歴史的に特に重要な灯台百選」にも選ばれた。
 姫埼灯台の前には、その昔、灯台職員の宿舎であった旧退息所(たいそくしょ)が復元され、「姫埼燈台館」として実物のレンズや佐渡の主な灯台のパネルが展示されている。(入館無料)