このページの先頭です メニューをとばして、このページの本文へ
新潟県ホーム の中の農林水産業の中の豊岡漁港(第1種 佐渡市管理)
本文はここから

豊岡漁港(第1種 佐渡市管理)

2010年11月22日
豊岡漁港(豊岡地区)
豊岡漁港(豊岡地区) 平成17年11月撮影
豊岡漁港(岩首地区)
豊岡漁港(岩首地区) 平成17年11月撮影
こちらをクリックすると、漁港の詳細なデータが表示されます(PDF形式  276 キロバイト)

漁村の歴史

【豊岡】
 東小浦(ひがしこうら)村と尾戸(おど)村が明治10年(1877)合併し豊岡村となる。
 東小浦は村域が狭く葛倉(くずくら)川流域段丘下にある臨海集落。小浦村に東の字が冠されたのは江戸中期頃で、元禄7年(1694)の検地帳では小浦村とあり、田2町7反余、畑5町1反余、御林は字蛭坪中瀬1箇所、竹林は2箇所ある。家数17、田畑1戸当たり4反7畝余で、反当たり1石4斗の収穫高である。宝暦12年(1762)東小浦村割付状には、小物成に山役のほか烏賊役1千枚、干鱈役35枚、蛸役大蛸1頭分がある。船歩銀は船数6艘分納める。天保9年(1838)の書上帳では戸口16軒、98人、糀室が1軒ある。
 社人勘兵衛の小田原権現と社人太郎右衛門の白山権現は大正4年(1915)に尾戸村の小田原(おだわら)神社に合祀された。薬師殿に祀られている薬師如来は浜から拾い上げられたもので、沖合の船を止めると伝える。
 尾戸村は元禄7年(1694)の検地帳に田7町2反余、畑11町8町余、茶畑3畝余。御林は字ひらに1箇所。名請人31人。用水は大清水(大清水)川を利用する。屋敷地名に放牧に関係する木戸口、木戸口畑、牛くらなどみえる。寛延4年(1751)の村明細帳には、小物成に山役、烏賊役2千枚、蛸役大蛸3頭、干鱈役28枚、械役のほか、煙草役、船歩銀11艘分、漆木役がある。「佐渡四民風俗」によれば煙草、漆木の植栽が盛んであった。元禄13年(1700)の尾戸船宿定では他国船の入港も見られ、浦目付が置かれた。
 小田原(おだわら)神社がある。高台には真言宗豊山派東福(とうふく)寺が在り、「佐渡国寺社境内案内帳」に天正16年(1588)再建とあり、京都宝蔵院から求めた大般若経600巻を所蔵する。

【岩首】
 東浜(ひがしはま)地区では最大の村で、谷間の低地に南側を大(おお)川(岩首川)、北側を小(お)川が流れ、河岸流域沿いの集落。草分と伝わる平間太郎右衛門家の由緒書に、栗野江(くりのえ)(旧畑野町)の城主半国入道の家老後藤主計国明が永徳2年(1382)この地に分家したのが先祖で、栗野江の後藤館の地名岩首をそのまま移したと伝える。
 慶長5年(1600)の検地帳に「下条七衛之内岩頸村」とあり上杉氏家臣の給地になっている。本納1千165束5把、見出545束、名請人19人。慶安5年(1652)の年貢皆済証には、小物成に山役のほか烏賊役3千枚で銀21匁、蛸役3頭で銀10匁5分、干鱈役45枚で銀2匁2分、械(かい)役銀19匁5分を納める。械役は寛政4年(1792)の年貢皆済目録では銀44匁9分余で15艘の船があった。宝暦元年(1751)の村明細帳では戸口76戸、419人。同6年の村明細書には1戸あたりの田畑面積は田2反4畝、畑2反8畝。百姓持林71箇所、百姓持竹林8箇所、仲間持竹林2箇所ある。竹は輪竹として越後へ出された。かつては黒炭専一の木炭生産が盛んであった。
 小川の下流左岸の丘に熊野神社がある。境内に接して真言宗豊山派東福寺万福(まんぷく)寺があり、「佐渡国寺社境内案内帳」に天正16年(1588)再建とある。
 大川左岸下流にある岩首道場は、中世末期に全国各地から砂金稼ぎにやってきた真宗門徒のうち柿野浦の木金(きがね)山の門徒を纏めたと思われる。
(出典:新潟県の地名 平凡社刊)