このページの先頭です メニューをとばして、このページの本文へ
新潟県ホーム の中の農林水産業の中の上浦漁港(第1種 佐渡市管理)
本文はここから

上浦漁港(第1種 佐渡市管理)

2010年11月22日
上浦漁港
上浦漁港 平成17年11月撮影
こちらをクリックすると、漁港の詳細なデータが表示されます(PDF形式  275 キロバイト)

漁村の歴史

【上浦】
 赤泊から赤岩の間を上浦(かみうら)地区という。
 地区で最大の大杉(おおすぎ)村は海が緩やかに湾入した東の部分に住居が固まり、背後に段丘丘陵が迫る。元禄7年(1694)の検地帳によれば田5町8反余、畑17町5反余、村高212石余。天保9年(1838)の村書上帳では家数22軒。山役、烏賊役6千枚分、蛸役3頭分を銀納する。漁船が7艘あり海稼ぎに重きが置かれた。元禄検知の時の屋敷持百姓11人を十一人衆と称した。その中の大百姓6人は六人衆と呼ばれる重立で、寺社堂などを祀り、名子を抱える者もいた。
 集落西端の高台に真言宗智山派清行(せいぎょう)寺がある。瑠璃光山と号し、もと小比叡(こびえ)(旧小木町)蓮華峰(れんげぶ)寺の末寺。
(出典:新潟県の地名 平凡社刊)