このページの先頭です メニューをとばして、このページの本文へ
新潟県ホーム の中の農林水産業の中の江積漁港(第1種 佐渡市管理)
本文はここから

江積漁港(第1種 佐渡市管理)

2010年11月22日
えつみ漁港(江積地区)
江積漁港(江積地区) 平成17年11月撮影
えつみ漁港(外岬地区)
江積漁港(外岬地区) 平成17年11月撮影
こちらをクリックすると、漁港の詳細なデータが表示されます(PDF形式  243 キロバイト)

漁村の歴史

【江積】
 弘安8年(1285)6月1日の佐渡守護北条宣時下知状に「柄積」が見える。元禄7年(1694)の検地帳では田3町余、畑5町2反余。屋敷持は26筆で海岸沿いの地字惣浜通り・浜に集中する。「佐州巡村記」では戸口26軒、148人、御林が字つんぶりにある。享和2年(1802)の一札に、鰯漁をめぐって田野浦村と争論となったが、沢崎の浦目付の計らいで、一番網は田野浦、二番網は当村、三番網は当村七分、田野浦三分と決められたとある。また白木(しらき)村成立により白木が磯ねぎ漁をすることになったことが起因で、延宝4年(1676)白木沖の海中にある島の所属を巡り田野浦村と争論となったが、相川より検使が来て領海絵図を作製し線引きを行った。
 熊野神社、真言宗円万(えんまん)寺がある。

【外岬】
 漁港背後集落は木流(こながせ)で、大浦(おおうら)村の一部が独立して成立したとされる。元禄7年(1694)の検地帳では田2町1反余、畑5町5反余。屋敷持は15筆で海岸よりの地字浜通り・浜に集中する。地字越ノ道に新御林がある。延享4年(1747)の一札に当村地先で井坪村が漁獲を行っており、同村の御用木の供出も当村より堂釜(どうのかま)へ運んでいたとある。「佐州巡村記」では戸口16軒、83人。また文化12年(1815)の証文に、井坪・木流双方の地先で漁獲を行うことを認め合ったが、当村では井坪村に船1隻につき銭100文を支払った。
 真言宗安養(あんよう)坊跡地近くに善宝寺の祠がある。
(出典:新潟県の地名 平凡社刊)
追記:佐渡島の南端、沢崎・白木付近はたらい舟発祥の地で、現在でも「磯ねぎ漁」が行われている。磯ねぎ漁はたらいの上からガラスの箱で磯まわりを覗き、ヤスなどの道具で刺したり、突いたりして海藻や魚介などを採取する漁法である。 磯ねぎ漁は、4月から6月頃の3ヶ月間が最盛期で、この時期は一家総出でわかめ刈りなどに出る。最近では、小木港近くで佐渡のたらい舟として、観光面でも大きな役割を果たしている。
 昔、味噌樽を半分に切ったようにみえるこの舟は「はんぎり」と呼ばれ、旧羽茂町の味噌樽職人が造っていたようだ。材料は杉木と竹のみで、金属は一切用いない。また梁(はり)のようなものも使用せず極めて単純な構造である。船形は左右対称の楕円形で、前後の区別はない。単純な構造であるが水によく浮き復元力もあり、細かい操作が櫂一本で自由にできるという舟の基本的な機能を備えている。また磯舟に比べ安価で、持ち運びが簡単である。大切に使用すれば10~15年は使用できる。
 昭和30年代頃までは、外三崎一帯では嫁入り道具の大切な一品であった。