このページの先頭です メニューをとばして、このページの本文へ
新潟県ホーム の中の農林水産業の中の真野漁港(第1種 佐渡市管理)
本文はここから

真野漁港(第1種 佐渡市管理)

2010年11月22日
真野漁港
真野漁港 平成17年11月撮影
こちらをクリックすると、漁港の詳細なデータが表示されます(PDF形式  155 キロバイト)

漁村の歴史

【真野】
 真野(まの)村は順徳上皇にまつわる話として、近江国の真野(現滋賀県大津市)の地名が移されたとの説があり、古来、順徳上皇の御火葬塚の所在地として、又この別当であった真輪(しんりん)寺(現真野宮)の所在地として知られる。
 漁港は真野村の西、嘉永元年(1848)豊田(とよた)村と改名した渋手(しぶて)村にある。北端の海辺は恋ヶ浦(こいがうら)と呼ばれ順徳帝の着岸地と伝える。古代の国府浦(こうのうら)の訛ったものとする説があったが、現在は松ヶ崎(旧畑野町)の鴻ノ瀬(こうのせ)説が有力。
 元禄7年(1694)の検地帳では、田40町4反余、畑16町8反余。屋敷持は137筆で地字下町、上町、町、田町、西野、塩屋、大木戸、小坂、高野などにある。字堂林に椿御林、字みのわに新御林があり、百姓持山は4箇所。「佐州巡村記」に戸口144軒、792人。用水は小川内(おこうち)川の水を引く。この小川内川の水利をめぐって吉岡村小川内との間で、明和2年(1765)に用水の日割を取決め、以後の水争いもこの定めが基準となった。「佐渡四民風俗」に「渋手村は丸木船を造り磯猟を専らにいたし、小鯛、鰈、鯖等を多くとり、干魚を商ひ、或は生海鼠をとりて串海鼠をこしらえ売り出し候」とある。鮑は長崎俵物として、相川商人磯西氏、刀根氏の両人が買集めた。
 南端の海に向かって台地が突出した塩屋崎から南へ延びる真野湾岸一帯は古来越(こし)の長浜(ながはま)と称せられる景勝地である。塩屋崎の碁盤目波の奇勝は漁港の突堤ができたため今は失われた。
 当地は近世に神社がなく、西三川の小布施神社を鎮守とし、現在も祭礼日には西三川から神輿の巡幸が行われる。
(出典:新潟県の地名 平凡社刊)