このページの先頭です メニューをとばして、このページの本文へ
新潟県ホーム の中の農林水産業の中の高瀬漁港(第1種 佐渡市管理)
本文はここから

高瀬漁港(第1種 佐渡市管理)

2010年11月22日
たこせ漁港
高瀬漁港 平成17年11月撮影
こちらをクリックすると、漁港の詳細なデータが表示されます(PDF形式  167 キロバイト)

漁村の歴史

【高瀬】
 高瀬(たこせ)村は大浦、橘と並ぶ二見(ふたみ)半島きっての農村集落。中世に開かれたと見られる古田が背後段丘のわずかな開析地帯に分散して見える。垣ノ内(かきのうち)の地名が段丘先端部に二つあり、土塁を巡らした屋敷跡が残る。当地には垣ノ内農民の系譜を引く者に佐々木姓も多い。また佐々木姓とは別に宇田姓が半分近くを占め、垣ノ内農民とは別の西国とのつながりを思わせる。
 元禄7年(1694)の検地帳では田7町余、畑13町6反余。宝暦(1751~64)頃から背後段丘の開発が進み、寛政年間(1789~1801)には河原田(かわはらだ)(旧佐和田町)の町人法華長兵衛が入作人となって14町8反余の田畑が開発された。二見半島の新開作業は当村を根拠地にしている。「佐州巡村記」に戸口54軒、279人。地先漁業も盛んで、慶応4年に当村始め近郷5ヶ村の四十物師が国産方役所宛に出した願書に讃州高松に2千両分の干魚を移出したのに代金が滞っており、役銀1千両の上納を差延べして欲しいとの記事が見える。明治10年(1877)の漁業実態調査書上に戸口57軒、316人のうち漁民60人で船60艘とある。
 寛文9年(1669)創建と伝える三宮(さんぐう)神社がある。地内の観音堂にある聖観音立像は、柏崎の椎谷(しいや)に祀る観音と対をなし、宇田一族の重立とされる次郎左衛門が持ち伝えたという。
(出典:新潟県の地名 平凡社刊)
追記:「垣ノ内農民」は姫津漁港(達者)、片辺漁港、関漁港(五十浦)、真更川漁港でも触れる。「柏崎・椎谷」は高浜漁港で触れる。