このページの先頭です メニューをとばして、このページの本文へ
新潟県ホーム の中の農林水産業の中の石地漁港(第1種 柏崎市管理)
本文はここから

石地漁港(第1種 柏崎市管理)

2010年11月22日
石地漁港
石地漁港 平成17年11月撮影
こちらをクリックすると、漁港の詳細なデータが表示されます(PDF形式  343 キロバイト)

漁村の歴史

【石地】
 延宝7年(1679)の越州四郡高帳では酒屋四軒と「駅馬船着」と記す。元禄8年(1695)の村明細帳には10軒ほどが作人、50軒ほどが漁師、50軒ほどが馬持、70軒ほど商人とある。
 真言宗豊山派延命山円融(えんゆう)寺、同宗岩尾山大聖(だいしょう)寺、同宗威徳山能満院高善(こうぜん)寺、同宗嶽照山形蔵院常空(じょうくう)寺、同宗佐向山地蔵院懸橋(けんきょう)寺、時宗帰命山無量院法界(ほうかい)寺、真宗大谷派赤江山極楽(ごくらく)寺がある。
(出典:新潟県の地名 平凡社刊)