このページの先頭です メニューをとばして、このページの本文へ
新潟県ホーム の中の農林水産業の中の巻漁港(第1種 新潟市管理)
本文はここから

巻漁港(第1種 新潟市管理)

2010年11月22日
巻漁港
巻漁港 平成17年11月撮影
こちらをクリックすると、漁港の詳細なデータが表示されます(PDF形式  267 キロバイト)

漁村の歴史

【巻】
 中心地の巻は近世には長岡藩巻組の中心として代官所が置かれ、近傍の村々を支配した。また角田(かくだ)山麓の三根山(みねやま)(現峰岡)の村々は牧野家三根山領となり、幕末には三根山藩領となった。三根山藩は戊辰浅草寺に長岡藩を救うために送った「米百俵」で有名。角田浜などの海岸集落は越後の薬行商で知られた。菖蒲塚(あやめづか)古墳は、日本海側最北端の前方後円墳。越後七浦(えちごななうら)海岸は佐渡弥彦米山国定公園に属す景勝地。
 越前浜村は越前国から移住した小川、鵜、早見、山下、金子、鈴木、篠沢の七家が草分けとなって成立した村と伝え、小川家が代々庄屋を勤めた。江戸時代を通じて主要な産業であった塩業が、明治になって廃止されると、その女性労働力は角田浜村から始まった「毒消し」売りの行商に替わり、当村では明治24年(1891)寡婦篠沢里也が行商出稼女の最初とされる。
 真宗大谷派川尻山西遊(さいゆう)寺があり同寺は越前国坂井郡小橋屋(こはしや)村(現福井市)能登折戸、越後米山、角田山中腹の宮ノ平などを経て現在地へ移転したと伝え、当村の成立と深い関わりを持つ。
 角田浜村は寛延4年(1751)の高反別井村方模様書上帳に「農業之間男女稼之訳雪中ハ農具猟具拵春秋者浜方故海猟仕候」とあり、猟船13艘と農業中心の記載があるが、実際は季節毎に手繰網による鱈漁、刺網、地引網をした。天保6年(1835)の村の人口一千三九人(男528、女511)の内280人が漁人で、漁船19艘、六人乗りから八人乗りまであった。農業之間男女稼の実態は漁猟と塩焼きが中心であった。明治末年製塩の禁止により余った女子労働力は毒消し売りに転じ、最盛期には戸数200戸の村から260から270人の売子が行商に出かけた。
 日蓮宗妙光(みょうこう)寺がある。
(出典:新潟県の地名 平凡社刊)
追記:越後毒消しの起源については、弥彦神霊授与説、城願寺唐人伝授説などの言い伝えがある。「ある夜、住職の夢枕に気品高き御姿が現れて万民の疾病をなおす霊薬を与えると告げて消え去った、ふと夢からさめて起きた所、まもなく一人の旅僧が宿を乞うまま歓待、数日看護した所、御礼に霊薬を一包を差し出し、その秘法を明らかにして立ち去った。」これは施薬院と称した称名寺に伝わる、毒消丸の由来である。