このページの先頭です メニューをとばして、このページの本文へ
新潟県ホーム の中の農林水産業の中の脇川漁港(第1種 村上市管理)
本文はここから

脇川漁港(第1種 村上市管理)

2010年11月22日
脇川漁港
脇川漁港 平成11年10月撮影
こちらをクリックすると、漁港の詳細なデータが表示されます(PDF形式  167 キロバイト)

漁村の歴史

【脇川】
 康永元年(1342)8月2日源某等二名奉書に「腋川」とみえ、同所の者が陰謀を企てているとして、和田茂実に翌三日岩船(現村上市)に馳せ参じるよう命じている。
 文禄(1592~96)頃の瀬波郡絵図には「大国但馬分脇河村 上」とみえ、本納七石九斗、縄高七石八斗九升二合、家17軒、とある。
 正保国絵図には「腋川村」とあり高64石余。
 多岐(たき)神社、曹洞宗宝蔵(ほうぞう)寺がある。
(出典:新潟県の地名 平凡社刊)