このページの先頭です メニューをとばして、このページの本文へ
新潟県ホーム の中の県政総合の中の平成30年6月定例会(厚生環境委員長報告)
本文はここから

平成30年6月定例会(厚生環境委員長報告)

2018年07月13日

平成30年6月定例会 厚生環境委員長報告(7月13日)

委員長 石塚 健
 厚生環境委員会における付託案件等の審査経過並びに結果について、御報告申し上げます。

 まず、県民生活・環境部関係として

 第34回国民文化祭及び第19回全国障害者芸術・文化祭の一体開催に当たっては、参加者が障害の有無にかかわらずともに文化芸術活動を楽しむことにより相互理解が深まることが期待されるので、関係部局や市町村と緊密に連携しだれもが参加できる事業を両文化祭において実施するなど交流機会の創出に努めるべきとの意見。

 次に、福祉保健部関係として

 児童虐待については、深刻な状況に陥る前の支援が重要なので、市町村や関係団体のみならず住民が広く連携し子供の異変などに気づき早期に適切な相談窓口へとつながる仕組みのさらなる拡充を図るべきとの意見。

 以上が、審査の過程で述べられた主な意見の概要であります。

 次に、議案採決に先立ち、各党の党議結果の報告を求めたところ、各党とも全議案いずれも原案賛成というものであります。

 次いで採決を行い、全議案とも原案のとおり可決または承認すべきものと決しました。

 次に、請願・陳情の審査結果について申し上げます。

 陳情第2号及び継続中の陳情平成27年第15号については、継続審査。

 陳情第3号については、文言の意味が不明のため、不採択。

 残りの請願第2号及び陳情第7号については、いずれも願意妥当と認め、採択すべきものと決した次第であります。

 なお、採択された請願・陳情のうち、陳情第7号は、知事に送付すべきものと決しました。

 また、本委員会として、「精神障害者への交通運賃等割引制度の適用を求める意見書」を発議することと決しました。

 以上をもって、報告といたします。