このページの先頭です メニューをとばして、このページの本文へ
新潟県ホーム の中の県政総合の中の平成30年6月定例会(産業経済委員長報告)
本文はここから

平成30年6月定例会(産業経済委員長報告)

2018年07月13日

平成30年6月定例会 産業経済委員長報告(7月13日)

委員長 青柳 正司
 産業経済委員会における付託議案の審査並びに調査の経過と結果について、御報告申し上げます。

 まず、産業労働観光部関係として

 本県における観光誘客に当たっては、訪日外国人旅行者の一層の取り込みが求められているので、他県との差別化を図る観光コンテンツの発掘・創出に加え出身国別の嗜好に添う的確な情報発信に取り組むべきとの意見。

 次に、農林水産部関係として

 「公的サポート」モデル事業等主要事業の推進に当たっては、趣旨や目的に合致する関連事業との一体的な実施がより高い効果の発現に有効なので、事業体系やメニューを具体的に例示するなど実施主体への周知方法を検討すべきとの意見。

 次に、農地部関係として

 本県の農業農村整備に当たっては、農業者の所得向上と農村の活性化を目指す「新潟県農業農村整備の展開方向」に基づく地域の実情に応じた着実な推進が求められているので、関係者の意見を踏まえた適切な指標設定のもときめ細かい進捗管理に努めるべきとの意見。

 以上が、審査並びに調査の過程で述べられた主な意見の概要であります。

 次に、議案採決に先立ち、各党の党議結果並びに無所属委員の検討結果の報告を求めたところ、各党・無所属委員とも全議案いずれも原案賛成というものであります。

 次いで採決を行い、全議案とも原案のとおり可決または承認すべきものと決しました。

 以上をもって、報告といたします。