このページの先頭です メニューをとばして、このページの本文へ
新潟県ホーム の中の県政総合の中のにいがた県議会だより第63号(9月定例会の概要)
本文はここから

にいがた県議会だより第63号(9月定例会の概要)

2017年11月12日

可決した主な議案

○一般会計補正予算
 豪雨災害の早期復旧・復興を図るために必要な経費のほか、地方創生の取組の推進や衆議院議員選挙に必要な経費などについて計上。
(主な事業および内容)
・救急医療電話相談事業
 夜間の急な病気等に対する不安の解消や、不要不急な受診による医師等の負担の軽減のため、電話相談窓口を開設します。
・地域基幹病院整備補助事業
 地域医療構想に基づき、救急医療等の医療資源が十分に整っていない地域において、医療機能の分化・連携を推進するため、複数病院の再編による中核的な病院の整備を支援します。
・保育人材確保・資質向上推進事業
 保育人材の確保・資質向上を図るため、新たにキャリアアップのための研修等を実施します。
・新潟県教育支援システム整備費
 教職員の指導力の向上等を図るため、教職員間で情報交換やノウハウの共有を行うことができるシステムを整備します。
・新たな米政策対応緊急支援事業
 平成30年以降の米政策に対応するため、緊急的に必要な作付品種の転換や地域の体制整備等への支援を行います。
・新潟空港路線利便性向上活動費・国際線利用促進事業
 増便されるソウル線の利用拡大を図るため、航空会社等関係者と連携し、テレビやSNSの活用等により、インバウンド(訪日外国人旅行)・アウトバウンド(日本人の海外旅行)双方について冬季を中心に需要拡大へ向けた取組を行います。
・新規路線開設支援事業・新規路線開設活動費
 増便される台北線の利用拡大を図るため、訪日誘客支援空港認定による国支援制度の活用に併せて空港施設使用料等を支援するとともに、インバウンド・アウトバウンド双方の需要開拓に向けた取組を行います。
・先端技術産業分野育成支援拠点整備事業
 先端技術産業分野への地域内企業の参入を促進するため、高精度・高信頼性を確保した材料成分分析や高度な特性評価試験の実施に向けて上越技術支援センターの施設を整備します。

採択した請願・陳情

 提出された次の請願が採択されました。
○私学助成についての意見書提出に関する請願

可決した発議案

 議員が提出した次の意見書を可決しました。意見書は、内閣総理大臣をはじめ、国の関係機関や国会に提出し、その実現を図るよう要望しました。
○拉致事件の一刻も早い解決を求める意見書
○私学助成の拡充を求める意見書
○年金支給漏れ問題に係る徹底した再発防止を求める意見書
○雪寒法による次期五箇年計画を早期に策定するとともに除雪事業等の予算確保を求める意見書
○北朝鮮のミサイル発射及び核実験に強く抗議するとともに万全な国民保護対策を求める意見書
○森林環境税の早期創設を求める意見書
○豪雨災害対策等に係る公共事業予算の機動的な対応を求める意見書

主な議会日程

9月26日 本会議 開会後、議案が上程され、知事から提案理由の説明が行われました。
その後、審査のため、各常任委員会に付託されました。
9月26日 連合委員会 部局長から議案についての詳細な説明が行われました。
9月27日 本会議 各党会派の代表2名が、県政の諸課題について質問を行いました。
9月28日 本会議 議員6名が、県政の諸課題について質問を行いました。
9月29日 本会議 企業会計決算関係議案の審査のため、企業会計決算審査特別委員会が設置され、議案が付託されました。
また、受理した請願が上程され、審査のため、各常任委員会に付託されました。
その後、議員6名が、県政の諸課題について質問を行いました。
10月2日~4日 常任委員会 付託された議案の審査などを行いました。
10月6日 連合委員会 4つの常任委員会が一堂に会し、各委員会での質疑を踏まえ、知事に対する質疑を行いました。
10月12日 本会議 普通会計決算議案が上程され、知事からの提案理由の説明の後、審査のため、普通会計決算審査特別委員会が設置され、議案が付託されました。
10月12日 常任委員会 付託された議案などの採決を行いました。
10月13日 本会議 議案等の採決などを行い、閉会しました。