このページの先頭です メニューをとばして、このページの本文へ
新潟県ホーム の中の県政総合の中の平成15年2月定例会(第2号発議案)
本文はここから

平成15年2月定例会(第2号発議案)

2008年11月12日

海上自衛隊新潟基地分遣隊の部隊昇格と拡充を求める意見書

 
海上自衛隊新潟基地分遣隊の部隊昇格と拡充を求める意見書
 
 昨今の自衛隊を取り巻く環境は、米国同時多発テロ事件に見られる新たな脅威が現実化するとともに、武装不審船の出没をはじめとする日本近海での情勢の緊迫化など、依然として国の内外で予断を許さない状況が続いている。
 また、北朝鮮による日本人拉致事件が明らかになって以来、外国の国家犯罪による県民の日常生活に対する緊張と不安は、ますます高まってきている。
 特に、本県は長大な海岸線を有していることから、海上からの不法侵入や工作活動が容易など、外国からの脅威を直接受ける地理的環境にあり、こうした不安定要因に対する防御能力の向上は、県民の悲願となっている。
 さらに、本県は、有数の大規模港湾や国内最大の原子力発電所など多数の重要施設を多く抱える一大要地となっているにもかかわらず、県下に駐屯または分屯する陸・空の自衛隊に比して新潟市に所在する海上自衛隊のみが弱体なことから、日本海側有数の港湾都市の部隊規模としては適合を欠く状況にあると言わざるを得ない。
 よって国会並びに政府におかれては、国家安全保障体制の強化と併せて、県民の不安の払しょくを図るためにも、海上自衛隊新潟基地分遣隊の部隊への昇格と拡充を行うよう強く要望する。
 以上、地方自治法第99条の規定により意見書を提出する。

 平成15年3月20日

 

衆議院議長 綿貫 民輔 様
参議院議長 倉田 寛之 様
内閣総理大臣 小泉 純一郎 様
防衛庁長官 石破 茂 様

県議会ホームページトップへリンク