このページの先頭です メニューをとばして、このページの本文へ
新潟県ホーム の中の建設・まちづくりの中の新潟県汚水処理施設整備構想
本文はここから

新潟県汚水処理施設整備構想

2019年01月30日
新潟県汚水処理施設整備構想を策定しました。

1 新潟県汚水処理施設整備構想の概要

 「新潟県汚水処理施設整備構想」は、県下全域で、より効率的な汚水処理施設の整備・運営管理を適切な役割分担の下、計画的に実施していくため、市町村の意向を踏まえ、県関係部局で調整を行い、早期整備と改築更新の手法や目標を定めた汚水処理施設整備の基本的な計画です。
 新潟県では、平成2年度に、総合的かつ合理的な下水道整備方針として、「新潟県下水道整備長期構想」を、平成12 年度には、経済性・効率性を考慮し処理区の再設定を行った「新潟県下水道等汚水処理施設整備長期構想」を、平成22 年度には、市町村合併等、社会情勢の変化を受け見直しを行った「新潟県汚水処理施設整備構想」を策定し、計画的に整備を進めてきました。
 平成26年度末の汚水処理人口普及率は85%を超え、未だに残る未普及地域の早期解消と老朽化対策を進めるため、今回、「未普及地域の整備に関する方針」に加え、「既整備地域の運営管理に関する方針」を定め、今後10年間で汚水処理施設を概成する整備計画と持続可能な汚水処理の運営を行うための効率的な改築・更新や運営計画をとりまとめました。

2 汚水処理施設整備構想見直しの方針

(1) 未普及地域の整備に関する方針

(2) 既整備地域の運営管理に関する方針

3 整備目標

(1) 集計表

  指 標 現況(H26末) H40末 H52末
未普及
対策
集合処理整備面積(万ha) 5.9 6.6 6.8
行政人口(万人) 233 205 180
汚水処理人口(万人) 199 192 173
汚水処理人口普及率(%) 85.5 93.5 96.2
運営管理 処理施設数(箇所) 312 255 240
集合処理の接続率(%) 86.9 90.7 93.1
汚泥処理 汚泥有効利用率(%) 82.9 88.7 89.5

(2) 処理人口・普及率の推移

(3) 処理場数の推移

(4) 集合処理面積整備率・接続率の推移

(5) 汚泥有効利用率の推移

4 今後の汚水処理施設整備の推進に向けた取組

5 事業所管課

事 業 名 担 当 課 担 当 係
下水道事業 土木部都市局 下水道課 公共下水道係
農業集落排水事業 農地部 農村環境課 農村整備係
漁業集落排水事業 農林水産部 漁港課 計画建設係
林業集落排水事業 農林水産部 林政課 林道係
合併処理浄化槽 県民生活・環境部 廃棄物対策課 資源循環推進係

6 関連ファイルのダウンロード

新潟県汚水処理施設整備構想(PDF形式  11510 キロバイト)
新潟県汚水処理施設整備構想(概要版)(PDF形式  3400 キロバイト)
新潟県汚水処理施設整備構想図(アクションプラン・H40)(PDF形式  17697 キロバイト)
新潟県汚水処理施設整備構想図(将来目標・H52)(PDF形式  32435 キロバイト)
PDFファイルをご覧になるにあたって
PDFファイルをご覧いただくためには、Adobe Readerのプラグイン(無償)が必要となります。お持ちでない場合は、お使いのパソコンの機種/スペックに合わせたプラグインをダウンロード、インストールしてください。 Get Adobe Reader Adobe Readerをダウンロードする