このページの先頭です メニューをとばして、このページの本文へ
新潟県ホーム の中の建設・まちづくりの中の流域下水道の処理場で発生する下水汚泥の放射性物質測定について
本文はここから

流域下水道の処理場で発生する下水汚泥の放射性物質測定について

2019年07月22日
 新潟県では、流域下水道の処理場で発生する下水汚泥について、定期的に放射性物質を測定しています。
 なお、令和元年度は以下のとおり測定を行い、結果をお知らせします。

令和元年度の測定計画及び結果について

1 測定対象

  信濃川下流流域下水道新潟処理区新潟浄化センター(新潟市東区下山)で発生する乾燥汚泥を対象とします。

2 測定項目

 ○放射性ヨウ素(ヨウ素131)
 ○放射性セシウム(セシウム134、セシウム137)

3 測定頻度

  年4回(4月、7月、10月、1月)測定します。

4 測定結果の公表

  測定結果が判明した日の当日に当ホームページで公表します。

5 下水汚泥の放射性物質の測定結果

【令和元年度】                                            単位:ベクレル/kg
試料採取日 放射性ヨウ素 セシウム134 セシウム137 公表日
平成31年4月19日 検出されず  検出されず 検出されず  平成31年4月24日
令和元年7月12日 検出されず 検出されず 検出されず 令和元年7月22日
 ○ 検出下限値は、10ベクレル/kg
 ○ 分析機関  一般財団法人新潟県環境分析センター


これまでの測定結果

 これまでの測定結果は、「新潟県放射線・放射能データベース」で確認できます。