このページの先頭です メニューをとばして、このページの本文へ
新潟県ホーム の中の建設・まちづくりの中の施設見学について
本文はここから

施設見学について

2017年08月08日

施設見学について

 県では、流域下水道の各処理場において、毎年多くの見学者を受け入れています。
 下水道のしくみや役割について、分かりやすく説明します。(説明及び施設の案内は、県が施設の管理を委託している公益財団法人新潟県下水道公社の職員が行います。)
 職場や学校、自治会などのグループ単位でお気軽にお申し込みください。
施設の説明を行っている写真
施設見学の様子

流域下水道の処理場

 処理場は以下のとおりです。いずれの処理場でも施設見学が可能です。
処理場名 住所 参考(H27見学者数)
新潟浄化センター 新潟市東区下山3丁目680番地 772人 (22団体)
新津浄化センター 新潟市秋葉区古田ノ内大野開2番地 550人 (19団体)
新井郷川浄化センター 新潟市北区名目所1丁目167番地 248人 (12団体)
西川浄化センター 新潟市西区笠木339番地 396人 (11団体)
長岡浄化センター 長岡市上柳町257番地3 248人 (9団体)
六日町浄化センター 南魚沼市五日町1967番地5 143人 (8団体)
堀之内浄化センター 魚沼市新道島364番地 380人 (23団体)

施設見学が可能な日時は?

 施設見学は通年で実施しています。(ただし、年末年始、土曜、日曜、祝祭日は除きます。)
 1回の実施時間は概ね1~2時間程度です。

申込み方法は?

 以下の公益財団法人新潟県下水道公社のホームページから、直接申し込んで下さい。