このページの先頭です メニューをとばして、このページの本文へ
新潟県ホーム の中の建設・まちづくりの中の下水道汚泥中の放射性物質の調査結果をお知らせします(第139報)
本文はここから

下水道汚泥中の放射性物質の調査結果をお知らせします(第139報)

2017年03月29日
新潟県の下水汚泥の放射性物質について調査を行ったところ、結果は以下のとおりでした。

○ 分析機関  一般財団法人新潟県環境分析センター
○ 調査結果 
単位:ベクレル/kg
                                                                                                                                                            
処理施設名 所在地 試料名 試料採取日 放射性ヨウ素 セシウム134 セシウム137
新潟浄化センター 新潟市東区 脱水汚泥 3月24日 検出されず 検出されず 検出されず
新潟浄化センター 新潟市東区 乾燥汚泥 3月24日 20 検出されず 検出されず
新津浄化センター 新潟市秋葉区 脱水汚泥 3月23日 検出されず 検出されず 検出されず
新井郷川浄化センター 新潟市北区 脱水汚泥 3月23日 検出されず 検出されず 検出されず
西川浄化センター 新潟市西区 脱水汚泥 3月22日 検出されず 検出されず 検出されず
長岡浄化センター 長岡市 脱水汚泥 3月23日 検出されず 検出されず 検出されず
六日町浄化センター 南魚沼市 脱水汚泥 3月23日 検出されず 検出されず 検出されず
堀之内浄化センター 魚沼市 脱水汚泥 3月23日 検出されず 検出されず 検出されず
中越流泥処理センター 長岡市 乾燥汚泥 3月23日 検出されず 検出されず 検出されず
 検出下限値は、10ベクレル/kg
 乾燥汚泥は脱水汚泥を1/5程度に減容化したものです。
 検出された放射性ヨウ素については、福島第1原子力発電所事故の影響によるものではなく、医療目的で使用された放射性ヨウ素が原因と考えられます。

平成29年度からは、測定項目及び測定頻度を削減する予定です。
なお、測定結果は、都市局下水道課のホームページ及び上記データベースに掲載します。
報道資料はこちらです。(PDF形式  110 キロバイト)
PDFファイルをご覧になるにあたって
PDFファイルをご覧いただくためには、Adobe Readerのプラグイン(無償)が必要となります。お持ちでない場合は、お使いのパソコンの機種/スペックに合わせたプラグインをダウンロード、インストールしてください。 Get Adobe Reader Adobe Readerをダウンロードする