このページの先頭です メニューをとばして、このページの本文へ
新潟県ホーム の中の建設・まちづくりの中の新潟県中越大震災(下水道復旧100日の記録)
本文はここから

新潟県中越大震災(下水道復旧100日の記録)

2006年01月20日

新潟県中越大震災~下水道復旧100日の記録~

 平成16年10月23日17時56分頃、新潟県中越地方の深さ13kmでM6.8(暫定値)の地震が発生しました。新潟県各地の震度は、川口町の震度7を始め小千谷市、山古志村、小国町で震度6強、長岡市、十日町市、栃尾市、越路町、三島町、堀之内町、広神村、守門村、入広瀬村、川西町、中里村、刈羽村で震度6弱を観測し、死者46名、重軽傷者約4,800人、避難者10万人、住宅損壊約12万棟、公共施設被害約3万8千棟、公共土木施設被害、道路約6千箇所、河川299箇所、下水道管渠約152km等、平成7年の阪神・淡路大震災以来の大きな被害をもたらしました。
 また、同日18時11分頃にもマグニチュード6.0の余震が発生し、以降各地で本震発生直後1時間以内に震度6強の余震が2回発生するなど、一層の被害の拡大を招きました。
 そこで、新潟県土木部都市局下水道課では、『新潟県中越大震災』により被災した下水道施設の復旧に向けた、およそ100日間の歩みを紹介するとともに、今後の災害対策に役立てて頂くために『下水道復旧100日の記録』を作成しました。


【主な内容】
1. 新潟県中越大震災の特徴
2. 下水道施設の被災状況
3. 下水道、復旧への取組
4. 下水道施設の被災状況調査
5. 下水道施設の応急復旧
6. 災害査定の概要
7. 関連資料(下水道地震対策技術検討委員会の提言・災害査定の簡素化等)
『下水道復旧100日の記録』へはこちらから
       ↓
表紙、目次、1ページ(PDF形式  1015 キロバイト)
2、3ページ(PDF形式  1492 キロバイト)
4~9ページ(PDF形式  1390 キロバイト)
10、11ページ(PDF形式  730 キロバイト)
12~15ページ(PDF形式  967 キロバイト)
16~19ページ(PDF形式  723 キロバイト)
20~23ページ(PDF形式  1479 キロバイト)
24、25ページ、あとがき(PDF形式  1626 キロバイト)