このページの先頭です メニューをとばして、このページの本文へ
新潟県ホーム の中の防災の中の新潟県原子力災害広域避難計画(案)について
本文はここから

新潟県原子力災害広域避難計画(案)について

2019年01月24日
 本避難計画は、地域防災計画(原子力災害対策編)に基づき策定するものです。
 現在の「原子力災害に備えた新潟県広域避難の行動指針」について、住民避難の対応に係る個別のマニュアル等の整備を進め、このたび「新潟県原子力災害広域避難計画(案)」として新たにまとめました。
 今後、市町村等関係機関に意見照会を行った上で確定する予定です。
新潟県原子力災害広域避難計画(案)の概要

1 新潟県原子力災害広域避難計画の構成

 「原子力災害に備えた新潟県広域避難の行動指針」を見直し、避難計画(本編)と具体的な対応を示す個別マニュアル等により構成。
新潟県地域防災計画-新潟県原子力災害広域避難計画(本編)-具体的な対応を示すマニュアル等

2 本編の主な内容

 (1)原子力災害対策の基本事項
  ・原子力災害に対応するための防護措置、原子力災害対策重点区域

 (2)緊急時における情報の流れ
  ・主な情報の流れ、連絡内容、通信手段等

 (3)避難等の防護措置を実施する基本スキーム
  ・緊急事態区分ごとの防護措置の内容等

 (4)避難の実施体制
  ・避難先候補市町村、避難手段、避難ルート等
  ・道路啓開(復旧)、交通誘導・規制の考え方等

 (5)要配慮者避難
  ・医療機関及び福祉施設入所者・在宅要配慮者の避難・調整
  ・園児・児童・生徒等の避難の考え方
  ・詳細は個別マニュアルに記載
  「医療機関及び社会福祉施設等における「原子力災害避難計画」策定の手引き」
  「県立病院の避難計画 (柿崎病院、精神医療センター)」
  「原子力災害に係る学校の危機管理マニュアル作成の手引き」

 (6)スクリーニング
  ・スクリーニングの対象、スクリーニング候補地の考え方等
  ・詳細は個別マニュアルに記載 「スクリーニング・簡易除染マニュアル」

 (7)安定ヨウ素剤の配布
  ・安定ヨウ素剤の配布体制、配布場所、備蓄場所の考え方等
  ・詳細は個別マニュアルに記載 「安定ヨウ素剤配布計画」

 (8)原子力災害医療
  ・原子力災害医療の概要
  ・詳細は個別マニュアルに記載 「原子力災害医療マニュアル」

 (9)緊急時モニタリング
  ・緊急時モニタリングの基本的な考え方
  ・詳細は個別マニュアルに記載 「緊急時モニタリング計画」

 (10)その他
  ・その他、原子力災害に係る対応のためのマニュアル等
  「原子力災害初動対応マニュアル」
  「原子力災害広域避難受入調整マニュアル」

3 個別マニュアル等の概要

 (1) 医療機関及び社会福祉施設等における「原子力災害避難計画」策定の手引き
  重点区域内(PAZ 及びUPZ)に所在する医療機関・社会福祉施設等は、施設毎に避難計画(避難・屋内退避)を策定するよう努めることになっていることから、県がそれを支援するために参考となる手引きを策定したもの

 (2) 県立病院の避難計画
  UPZ内に位置する県立病院(柿崎病院、精神医療センター)において、原子力事故による災害から病院の入院患者、外来患者及び職員を安全かつ迅速に屋内退避又は避難させるために必要な事項を定めたもの

 (3) 原子力災害に係る学校の危機管理マニュアル作成の手引き
  原子力災害対策重点区域に所在する学校が、原子力災害時に児童生徒の安全を確保し、避難するための計画(「危機管理マニュアル」)を作成するための手引き

 (4) スクリーニング・簡易除染マニュアル
  新潟県地域防災計画(原子力災害対策編)に基づき実施するスクリーニングについて、検査及び簡易除染の具体的な手順等を定めたもの

 (5) 安定ヨウ素剤配布計画
  原子力災害発生時において適宜・適切に安定ヨウ素剤を服用させることで、放射性被ばくから県民の生命、身体を保護することを目的として、PAZ 内の事前配布及びPAZ・UPZ の緊急時の配布等に関し必要な事項を定めたもの

 (6) 原子力災害医療マニュアル
  原子力災害医療活動を実施するにあたって、原子力災害拠点病院等の整備及び医療活動の内容、方法等を定めたもの

 (7) 緊急時モニタリング計画
  原子力災害時における空間放射線量率や放射性物質濃度等の状況を把握するために行う緊急時モニタリングについて定めたもの

 (8) 原子力災害初動対応マニュアル
  原子力災害時に参集する県職員が何をすべきか、事態の進展に応じた活動内容を班ごとに整理

 (9) 原子力災害広域避難受入調整マニュアル
  原子力災害時に、住民等に避難指示が出される場合に備え、新潟県地域防災計画に基づき県が実施する避難受入れの調整の手順を整理
本件についての問合せ先

・原子力災害広域避難計画(本編)
・緊急時モニタリング計画
・原子力災害初動対応マニュアル
・原子力災害広域避難受入調整マニュアル
防災局原子力安全対策課 原
(直通)025-282-1695(内線6452)

・原子力災害医療マニュアル
・安定ヨウ素剤配布計画
・スクリーニング・簡易除染マニュアル
福祉保健部医務薬事課 村山
(直通)025-280-5183(内線2543)

・県立病院の避難計画 (柿崎病院、精神医療センター)
病院局総務課 今井
(直通)025-280-5552(内線3661)

・医療機関及び社会福祉施設等における「原子力災害避難計画」策定の手引き
福祉保健部福祉保健課 土田
(直通)025-280-5176(内線2625)

・原子力災害に係る学校の危機管理マニュアル作成の手引き
教育庁保健体育課 今西
(直通)025-280-5621(内線3930)
報道資料(PDF形式  175 キロバイト)
PDFファイルをご覧になるにあたって
PDFファイルをご覧いただくためには、Adobe Readerのプラグイン(無償)が必要となります。お持ちでない場合は、お使いのパソコンの機種/スペックに合わせたプラグインをダウンロード、インストールしてください。 Get Adobe Reader Adobe Readerをダウンロードする