このページの先頭です メニューをとばして、このページの本文へ
新潟県ホーム の中の報道発表資料の中の東京電力に対し、施設内での工事の実施に当たって安全確認を徹底するよう求めました
本文はここから

東京電力に対し、施設内での工事の実施に当たって安全確認を徹底するよう求めました

2015年12月09日
 本日、東京電力から、柏崎刈羽原子力発電所7号機原子炉建屋において、壁の穴開け作業を実施していたところ、残留熱除去系の弁の電源喪失警報が発生したのとの報告を受けました。
 穴開け作業に伴い誤って当該系統の制御ケーブルを損傷させたことが原因ということであり、県では、東京電力に対し、施設内での工事の実施に当たって、安全確認を徹底するよう求めました。
 なお、現在、原子炉の除熱は他の系統で実施しており、残留熱除去系は使用していないため、発電所の安全性に問題はないとのことであり、県が実施している放射線モニタリングでも、異常な値は検出されていません。
本件についてのお問い合わせ先
 原子力安全対策課長 須貝
(直通)025-282-1690 (内線) 6450

印刷される場合はこちらをご覧ください(PDF形式  54 キロバイト)
PDFファイルをご覧になるにあたって
PDFファイルをご覧いただくためには、Adobe Readerのプラグイン(無償)が必要となります。お持ちでない場合は、お使いのパソコンの機種/スペックに合わせたプラグインをダウンロード、インストールしてください。 Get Adobe Reader Adobe Readerをダウンロードする