このページの先頭です メニューをとばして、このページの本文へ
新潟県ホーム の中の報道発表資料の中の川内原発運転差止め仮処分決定についての知事コメント
本文はここから

川内原発運転差止め仮処分決定についての知事コメント

2015年04月22日
 本日、鹿児島地方裁判所が川内原発1、2号機運転差止めの仮処分の申立てを却下しました。
 従前から申し上げているとおり、原子力発電所の安全確保のためには、福島第一原子力発電所事故の検証・総括が不可欠です。それがなければ、同じことを繰り返す恐れもあり、原子力発電所の安全が確保できないものと考えています。
 事故の検証・総括がないまま策定された規制基準では安全確保はできません。規制基準には国際原子力機関の深層防護の考え方における、第5層の「過酷事故後の対応」が欠落し、第4層の「過酷事故対策」も十分ではありません。原子力規制委員会には、地域の安全を如何に確保するかという組織の本来の目的を果たして、実効性のある対策をすみやかに構築していただきたいと思います。
 なお、九州電力川内原子力発電所に関する仮処分申立事件の具体的判断については、責任を持って情報を収集し分析する立場にはありませんので、新潟県知事としてのコメントは控えさせていただきます。
本件についてのお問い合わせ先
 原子力安全対策課長 須貝
(直通)025-282-1690 (内線) 6450

印刷される場合はこちらをご覧ください(PDF形式  97 キロバイト)
PDFファイルをご覧になるにあたって
PDFファイルをご覧いただくためには、Adobe Readerのプラグイン(無償)が必要となります。お持ちでない場合は、お使いのパソコンの機種/スペックに合わせたプラグインをダウンロード、インストールしてください。 Get Adobe Reader Adobe Readerをダウンロードする