このページの先頭です メニューをとばして、このページの本文へ
新潟県ホーム の中の報道発表資料の中の政府の大飯発電所再起動決定に係る知事コメント
本文はここから

政府の大飯発電所再起動決定に係る知事コメント

2012年06月16日
 本日、政府は、大飯原発3,4号機の再起動を決定しました。
 従前から、申し上げているとおり、現在、福島原発の事故の検証も進行中であり、換言すれば、意思決定過程や組織のあり方なども含めた事故原因の特定も行われていません。事故原因が特定されなければ、対策を講じることができないことは自明の理であり、専門家である原子力安全委員会も班目委員長が安全を確認していないことを明言しています。このような状況下で、安全性を確認した前提で、手続きが進められたことは、誠に遺憾であります。
 なお、本日の枝野経済産業大臣の会見では、今回の決定は、「新たな安全神話に陥ることではない。」との趣旨の発言がありましたが、その根拠は「二重三重四重に対応策を準備し、様々なストレスがかかっても対応できることを確認している。」ということであり、結局、事故を起こさないとの説明になっています。これでは、事故が起きた場合の対応が再び混乱する恐れが極めて高く「新たな安全神話の創造」に他なりません。
 まずは、福島第一原発事故の検証を十分に行うことを強く求めたいと思います。

印刷される場合はこちらをご覧ください(PDF形式  98 キロバイト)
PDFファイルをご覧になるにあたって
PDFファイルをご覧いただくためには、Adobe Readerのプラグイン(無償)が必要となります。お持ちでない場合は、お使いのパソコンの機種/スペックに合わせたプラグインをダウンロード、インストールしてください。 Get Adobe Reader Adobe Readerをダウンロードする