このページの先頭です メニューをとばして、このページの本文へ
新潟県ホーム の中の報道発表資料の中の日常食に含まれる放射能検査の結果(2月調査分)
本文はここから

日常食に含まれる放射能検査の結果(2月調査分)

2012年03月16日
 新潟市西蒲区及び柏崎市の各5世帯から日常食(1人1日分の食事)を提供いただき、1月に引き続き放射能検査を実施しましたのでお知らせします。
 今回の放射性セシウム濃度は、0.066~0.079ベクレル/kgで、1月の結果とほぼ同様の結果であり、過去の測定の範囲内でした。
 なお、今回の食事を1年間摂取した場合、放射性セシウムによる内部被ばく量は最高で0.0011ミリシーベルトと試算されました。これは、食事による自然放射性物質による年間被ばく量(世界平均値0.29ミリシーベルト/年)の約260分の1に相当します。

 

        単位:ベクレル/kg

 

セシウム134

セシウム137

放射性セシウム

新 潟 市
西 蒲 区

H24.2.15 採取

0.031

0.048

0.079

H24.1.19 採取

0.025

0.041

0.066

H23.12.8 採取

0.043

0.071

0.11

柏 崎 市

H24.2.15 採取

0.025

0.041

0.066

H24.1.16 採取

0.024

0.039

0.063

H23.12.8 採取

0.028

0.064

0.092

過去の最高値*)

検出されず

0.22

0.22

                           

*)昭和47年度から平成20年度まで文部科学省委託「環境放射能水準調査」で日常食の放射能検査を実施しています。全国の調査結果は、次のHPアドレスでご覧になれます。(新潟県の過去の結果は別紙図参照)
http://search.kankyo-hoshano.go.jp/servlet/search.top

印刷される場合はこちらをご覧ください(PDF形式  75 キロバイト)
別紙図はこちらをご覧ください( 110 キロバイト)
PDFファイルをご覧になるにあたって
PDFファイルをご覧いただくためには、Adobe Readerのプラグイン(無償)が必要となります。お持ちでない場合は、お使いのパソコンの機種/スペックに合わせたプラグインをダウンロード、インストールしてください。 Get Adobe Reader Adobe Readerをダウンロードする