このページの先頭です メニューをとばして、このページの本文へ
新潟県ホーム の中の報道発表資料の中の阿賀野川河口周辺の海水及び海底土への放射能の影響について
本文はここから

阿賀野川河口周辺の海水及び海底土への放射能の影響について

2011年11月30日
 7月新潟・福島豪雨による阿賀野川河口周辺の海水及び海底土への放射能の影響について、約4か月経過したことから同一地点で海水及び海底土を採取し、放射能の推移を確認しました。
 海水は5地点とも前回と同様に放射性セシウムは検出されませんでした。
 海底土では、4地点で放射性セシウムを検出(前回は5地点全てで検出)し、僅かに東港沖水深40mのものが増加していますが、放射性セシウムの濃度は前回とほぼ同程度となっています。
 今後も、海底土等の放射性セシウムの濃度推移を監視してまいります。

<測定結果>

単位:Bq/L  (海水) Bq/kg湿(海底土)

     H23.11.22 採取・測定  H23.8.1~2 採取・測定
     Cs-134
 (半減期2年)
 Cs-137
 (半減期30年)
 Cs合計  Cs-134
 (半減期2年)
 Cs-137
 (半減期30年)
 Cs合計
  海

  水
 阿賀野川沖水深20m        *        *        *        *        *        *
 阿賀野川沖水深40m        *        *        *        *        *        *
 阿賀野川沖水深60m        *        *        *        *        *        *
 東港沖水深40m        *        *        *        *        *        *
 関屋分水沖水深40m        *        *        *        *        *        *
  海

  底

  土
 阿賀野川沖水深20m       64       89      153       72       74      146
 阿賀野川沖水深40m       13       18       31       11       15       26
 阿賀野川沖水深60m        *        *        *        2.8        4.4        7.2
 東港沖水深40m       11       20       31        *        6.1        6.1
 関屋分水沖水深40m        3.2        3.2        6.4        4.8        6.3       11.1

注)表中の*は検出限界値未満を示す。


この文章を印刷する場合はこちらをご利用ください。(PDF形式  73 キロバイト)
PDFファイルをご覧になるにあたって
PDFファイルをご覧いただくためには、Adobe Readerのプラグイン(無償)が必要となります。お持ちでない場合は、お使いのパソコンの機種/スペックに合わせたプラグインをダウンロード、インストールしてください。 Get Adobe Reader Adobe Readerをダウンロードする