このページの先頭です メニューをとばして、このページの本文へ
新潟県ホーム の中の報道発表資料の中の柏崎刈羽原子力発電所周辺に設置しているモニタリングポストに表示されているコメントについての調査結果をお知らせします。(モニタリングポストの電光表示に関する第3報)
本文はここから

柏崎刈羽原子力発電所周辺に設置しているモニタリングポストに表示されているコメントについての調査結果をお知らせします。(モニタリングポストの電光表示に関する第3報)

2010年07月28日
 県が柏崎刈羽原子力発電所周辺に11局設置している放射線自動観測局(モニタリングポスト)のうち、刈羽局に設置されている電光表示板に、放射線等の測定値とともに、その測定値が平常値の範囲内であるにもかかわらず、「現在、線量率が高くなっています。原因を調査中です。」とのコメントが表示されていた、との問い合わせを6月16日にいただきました。
県では、原因について調査を行っていますが、放射線等の測定値は正確に表示されていましたが、特別な条件の下で不適切なコメントを表示する電光表示のプログラム上のミスが判明しましたのでお知らせします。
なお、現在、電光表示以外の表示システムについてもプログラムを確認しています。今回の不適切なコメント表示の原因や対策等については、この確認を踏まえ改めてお知らせします。
1 調査結果
○電光表示板には、放射線等の測定値とコメントが表示されますが、表示されている放射線等の測定値は正確であることを改めて確認しました。
○測定値や気象情報を基に自動的にコメントを切り替えて表示するプログラムについて、平成18年3月にシステムを更新した際に設定ミスがあり、雨上がり等の特別な条件の下で、測定値が平常値の範囲内であるにもかかわらず「線量率が高くなっています」という適切でないコメントが表示される状態となっていたことが判明しました。
○刈羽局だけではなく、平成20年度に設置した発電所南局及び発電所北局を除く、9局で同様のミスがあることが判明しました。
2 今後の対応について
○6月18日にお知らせしたとおり、暫定的な対応として、コメント内容が自動的に切り替わらないように設定し、万一、測定値が異常に上昇した場合等は、手動でコメントを表示しています。
○コメントの表示方法、表示内容をより適切なものとするために、専門家のご意見も伺いながら今後のシステムのあり方を検討していきます。

この文書を印刷される方はこちらをご利用下さい(PDF形式  109 キロバイト)
PDFファイルをご覧になるにあたって
PDFファイルをご覧いただくためには、Adobe Readerのプラグイン(無償)が必要となります。お持ちでない場合は、お使いのパソコンの機種/スペックに合わせたプラグインをダウンロード、インストールしてください。 Get Adobe Reader Adobe Readerをダウンロードする