このページの先頭です メニューをとばして、このページの本文へ
新潟県ホーム の中の高齢者・障害者・福祉の中の第2回新潟県介護技術コンテストを開催します
本文はここから

第2回新潟県介護技術コンテストを開催します

2017年11月15日
団塊の世代が後期高齢者になる2025年には、本県でも常勤換算で約3,500人の介護人材が不足すると言われ、県では、人材確保のための資格取得支援や人材のマッチング事業などを実施しているところです。
 県では、これらの取組に加えて、介護の大切さや介護事業の魅力を県民のみなさまに広く知っていただくために、介護職員が日頃の介護技術を競いあう「介護技術コンテスト」を開催します。

日 時

平成29年11月19日(日)午前9時30分から午後4時

場 所

朱鷺メッセ ウェーブマーケット内特別会場

内 容

県内介護事業所に勤務する介護職員が3名1組となり、「入浴ケア」「認知症ケア」「食事ケア」の3分野について、それぞれ1名ずつ設定課題に応じた実技を披露していただき、優秀者、チームをそれぞれ表彰します。
<課題>
〇入浴ケア
 Aさんは、脳梗塞の後遺症による軽度の右上下肢麻痺があり、高血圧の薬を服用しています。支えがあれば、立位や歩行が可能です。浴槽からあがって脱衣室の椅子に腰掛け、身だしなみを整える介助をしてください。
〇認知症ケア
 Bさんは、毎月1回、2泊3日のショートステイを定期利用しており、今月も利用しています。Bさんをテーブルに案内し、お茶を飲んでもらってください。
〇食事ケア
 施設で生活するCさんは、脳梗塞の後遺症により左上下肢麻痺があり、食事中の安定した座位の保持が難しいです。安全に食事ができるよう介助してください。
※事前の観覧申し込みは不要です。
※本コンテストは、当日同所で開催されている「福祉・介護・健康フェア」のイベントの一つとして実施します。
是非、会場にお越し下さい。
報道資料(PDF形式  158 キロバイト)

「介護の日」県民のつどいも開催しています

「介護の日」県民のつどいも当日同所で開催されています。
※県民のつどいも、当日同所で開催されている「福祉・介護・健康フェア」のイベントの一つとして実施します。
PDFファイルをご覧になるにあたって
PDFファイルをご覧いただくためには、Adobe Readerのプラグイン(無償)が必要となります。お持ちでない場合は、お使いのパソコンの機種/スペックに合わせたプラグインをダウンロード、インストールしてください。 Get Adobe Reader Adobe Readerをダウンロードする