このページの先頭です メニューをとばして、このページの本文へ
新潟県ホーム の中の健康・医療・衛生の中の東日本大震災被災地への新潟県保健師の派遣について
本文はここから

東日本大震災被災地への新潟県保健師の派遣について

2017年08月24日
新潟県では、東日本大震災の発生以降、岩手県、宮城県の要請に基づき、平成23年3月から現在まで、被災地における支援活動を行うため、保健師の派遣を続けています。

岩手県への保健師派遣

○派遣期間  平成23年3月14日~平成23年3月18日
○派 遣 先  岩手県大船渡地方振興局保健福祉環境部
○人  数  保健師3人
○業務の内容 
 津波の影響により、物資の不足や連絡手段がない中で、被災状況の確認や避難所等におけるニーズ把握を行いました。

※岩手県への派遣は新潟県への県外避難者の増加により、活動を岩手県県内支援チームに引継ぎ1班のみで終了しています。
つなみのひがい

津波の被害(陸前高田市内H23.3.15撮影)

津波の被害

ひなんじょのじょうきょう

避難所の状況(陸前高田市長部地区H23.3.15撮影)

避難所の状況

宮城県への保健師派遣

【短期派遣】
○派遣期間  平成23年5月30日~平成23年9月3日
○派 遣 先  宮城県気仙沼市(気仙沼高等学校避難所)
○人  数  32人(16班)
      ※地域振興局健康福祉(環境)部の保健師で構成
○業務の内容 
 震災により心身の不調を訴える被災住民に対し、健康相談等を実施し、長引く避難所生活の支援を行いました。
 避難所避難者の健康管理と合わせ、仮設住宅の健康調査等を行い、仮設住宅入居者の健康状態の確認や要援護者の把握等の支援を実施しました。
かせつじゅうたくじゅんかいのようす

仮設住宅巡回の様子(H23.7.9撮影)

仮設住宅巡回の様子

【長期派遣】

<平成23年度>
○派遣期間  平成23年12月1日~平成24年2月29日
○派遣先   宮城県東部保健福祉事務所(宮城県石巻市)
○人 数   3人(1人/1か月)
○業務の内容 被災保健所の感染症対策業務を中心に実施しました。


<平成24年度>
○派遣期間  平成24年8月1日~平成25年2月28日
○派遣先   宮城県東部保健福祉事務所(宮城県石巻市)
○人 数   4人(2か月派遣3人、1か月派遣1人)
○業務の内容 
 市町村が行う応急仮設住宅の健康調査及び要支援者に対するフォローに係る企画や調査業務を行いました。


<平成25年度>
○派遣期間  平成25年5月1日~平成26年3月31日
○派遣先   宮城県東部保健福祉事務所(宮城県石巻市)
○人 数   9人(2か月派遣2人、1か月派遣7人)
○業務の内容 
 市町村が行う応急仮設住宅の健康調査及び要支援者に対するフォローに係る企画や調査業務を行いました。


<平成26年度>
○派遣期間  平成26年5月1日~平成27年2月28日
○派 遣 先  宮城県東部保健福祉事務所(宮城県石巻市)
○人  数  10人(1人/1か月)
○業務の内容
 市町村が行う応急仮設住宅の健康調査及び要支援者に対するフォローに係る企画や調査業務を行いました。


<平成27年度>
○派遣期間  平成27年4月1日~平成28年3月31日
○派 遣 先  宮城県東部保健福祉事務所(宮城県石巻市)
○人  数  1人(1人/12か月)
○業務の内容
 地域の精神保健福祉活動、地域の母子保健活動、アルコール関連問題相談指導事業、心身障害児発達支援事業、震災遺児世帯の支援を行いました。


<平成28年度>
○派遣期間  平成28年4月1日~平成29年3月31日
○派 遣 先  宮城県東部保健福祉事務所(宮城県石巻市)
○人  数  1人(1人/12か月)
○業務の内容
 地域の認知症対策に関する事務、地域包括ケアに関する事務、介護保険施設の実地指導、被災者生活支援に関する事務などを行いました。


<平成29年度>
○派遣期間  平成29年4月1日~平成30年3月31日
○派 遣 先  宮城県東部保健福祉事務所(宮城県石巻市)
○人  数  1人(1人/12か月)
○業務の内容
 地域の認知症対策に関する事務、地域包括ケアに関する事務、生活習慣病に関する事務、被災者生活支援に関する事務などを行いました。

東松島市災害公営住宅入居者健康支援調査報告会の様子(H26.7.18撮影)