このページの先頭です メニューをとばして、このページの本文へ
新潟県ホーム の中の人権・男女共同参画の中のなくしましょう!差別につながる身元調査
本文はここから

なくしましょう!差別につながる身元調査

2018年01月04日

一人一人の人権を大切にするために 差別や人権侵害につながる身元調査をなくしましょう!

● 身元調査とは
 結婚や就職などの際に、本籍、出生、家族構成や家族の仕事、国籍、思想、信条などの情報を自ら、または調査会社などに依頼して、本人の知らないところで、戸籍や住民票を取得したり、知人や近隣の人に聞くなどして調べることです。

● 人権侵害につながるおそれ
 このような身元調査は、プライバシーの侵害や結婚差別、就職差別などの人権侵害につながるおそれがあります。

● 身元調査に関する事件とその背景
 これまで、全国では、一部の行政書士や司法書士等が職権を悪用し、第三者の戸籍謄本や住民票などを不正に取得して調査会社に売り渡すという事件が起こっています。
 県内においても、これらの不正事件に伴い戸籍謄本や住民票が不正に取得されていることが判明しています。
 そして、これらの事件の背景には、調査会社や探偵社などに身元調査が依頼されている実態が指摘されています。

● 身元調査に関する県民意識
 平成25年度県民アンケート「人権に関する意識について」によれば、「身元調査をすることは当然のことだと思う」と回答した方が10.1%、「よくないことだと思うが、ある程度はしかたないことだと思う」と回答した方が55.3%と、合計65.4%の方が身元調査を容認する回答をしています。
 この調査結果を踏まえ、新潟県は差別や人権侵害につながる身元調査をなくすための啓発活動に取り組んで行きます。

● すべての人の人権が尊重される社会づくりのために
 私たち一人一人が偏見や差別意識をもたず、差別や人権侵害につながる身元調査をなくしていくことが大切です。

 

県民意識の現状 ~身元調査について~

〈平成25年度県民アンケート「人権に関する意識調査」 問12(身元調査について)の結果〉

問12 身元調査について、あなたはどのように考えますか。(1つだけ選択)
 選択肢 件数 (全体)%
 身元調査をすることは当然のことだと思う 38           10.1
 よくないことだと思うが、ある程度はしかたがないことだと思う 209        55.3
 差別につながる恐れがあるのでするべきではない 75        19.8
 わからない 31          8.2
 その他 11          2.9
 不明 14          3.7
 (全体) 378       100.0
※身元調査とは、他人の身元(本籍、経歴、家庭環境、思想・信条、資産など)を調べることです。従業員の採用、結婚、金銭消費貸借などの際に行われることが多く、興信所(探偵)など民間の調査機関に調査を依頼して行うこともあります。

県の取組

 ※県の取組について、今年度これまで実施している啓発活動を掲載します。
  内容が決まり次第、追加していきます。


サッカー試合マッチデープログラム広告掲載

マッチデープログラム広告(平成29年8月19日ほか)

新聞広告の掲出

 

新潟日報朝刊(平成29年12月10日)に掲載しました

テレビCMによる広報

人権週間の広報にあわせて平成29年12月4日~8日に放送

映像イメージ1

映像イメージ2

横断幕の掲出

県庁前交差点に掲載された横断幕

場所:県庁前交差点
期間:平成29年9月21日~9月30日

啓発パネルの展示

啓発パネル

意識パネル

 開催期間  内   容
 平成29年6月6日(火) 行事名:人権講演会
会  場:新潟東映ホテル
 平成29年9月13日(水) 行事名:同和問題講演会
会 場:朱鷺メッセ
 平成29年11月26日(日) 行事名:人権講演会
会 場:新潟市民プラザ
 平成29年11月29日(水)~12月5日(火) 行事名:いのち・愛・人権 阿賀野展
会 場:阿賀野市ふれあい会館
 平成29年12月2日(土)~12月10日(日) 行事名:人権を大切にする県民のつどい じんけんパネル展
会 場:イオンモール新潟南
 

 
啓発パネル(PDF形式  497 キロバイト)
意識調査パネル(PDF形式  239 キロバイト)

啓発用チラシ・ポスターの配布

チラシ・ポスター







      一人一人の人権を大切にするため、
      差別につながる身元調査をなくしましょう。

啓発チラシ・啓発ポスター(PDF形式  308 キロバイト)

過年度の取組はこちらからご覧ください。

PDFファイルをご覧になるにあたって
PDFファイルをご覧いただくためには、Adobe Readerのプラグイン(無償)が必要となります。お持ちでない場合は、お使いのパソコンの機種/スペックに合わせたプラグインをダウンロード、インストールしてください。 Get Adobe Reader Adobe Readerをダウンロードする